デバイスの種類によってスマートプラグやスマート スイッチの音声コマンドをカスタマイズする

Google Home アプリで、スマートプラグ、スマート コンセント、スマート スイッチで使用するデバイスの種類を指定できます。デバイスの種類を指定することで、プラグやスイッチの代わりにデバイスの音声コマンドを使用できるようになります。

たとえば、スマートプラグに照明を接続する場合は、[デバイスの種類] の設定で [照明] を選択できます。Google Home に照明をつけるよう話しかけると、リンクされたスマートライトが点灯します。

デバイスの種類を設定する

  1. Google Home アプリでスマートプラグまたはスマート スイッチを設定します(まだ設定していない場合)。
  2. Google Home アプリ 次の操作 を開き、プラグまたはスイッチをタップします。
  3. 右上の設定アイコン 設定 次の操作 [デバイスの種類] をタップします。
  4. リストで希望するデバイスの種類を選択 次の操作 [次へ] をタップします。
  5. デバイスの名前を入力 次の操作 [保存] をタップします。

音声コマンドを使用する

音声コマンドでスイッチやプラグをオンまたはオフにできます。デバイスの電源を同時にオンまたはオフにするには、デバイスの電源をオンの状態にしておきます。

操作 「OK Google」に続けて...
デバイスをオンにする

「<デバイス名> をオンにして」

Google Home アプリで指定した名前を使用してください。

 

「照明をつけて」

Home アプリで別々に追加したスマートライトを含め、部屋にあるすべての接続済みの照明が点灯します。

デバイスをオフにする 「<デバイス名> をオフにして」
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。