Google Nest Wifi のセキュリティ機能

Google Nest Wifi ルーターには、ユーザーとユーザーのオンライン環境を保護するために、以下のようなセキュリティ対策が組み込まれています。

ファイアウォール

Google Nest Wifi のファイアウォールは、Wi-Fi ネットワークとインターネットの間に障壁を作り、未承諾の接続や接続の試行からユーザーデータを保護します。この障壁はステートフル ファイアウォールと呼ばれ、通過する接続(TCP ストリーム、UDP 通信)を常時監視します。既知の有効な接続に関連付けられたデータのみファイアウォールの通過を許可します。

: UPnP やポート転送のような設定では、デバイスがファイアウォールを迂回して、接続をオープンにすることができるので、脆弱性が残ります。

WPA2 と WPA3 セキュリティ

Google Nest Wifi は、Wi-Fi ネットワークを WPA2 プロトコルまたはそれより新しい WPA3 プロトコルを使用して保護します。WPA3 プロトコルを使用すると、オフライン辞書攻撃などのセキュリティ リスクに対する Wi-Fi ネットワークの耐性が高まります。

デフォルトでは、従来の接続デバイス(スマートフォン、タブレット、ノートパソコンなど)との互換性を最大限に高めるため、Google Nest Wifi は WPA2 プロトコルを使用します。ただし、Google Home アプリでは WPA3 移行モードをオンにすることができます。この設定では、WPA2 と WPA3 の両方のデバイスを Wi-Fi ネットワークに接続できます。注: 以前の WPA2 デバイスの一部は WPA3 との互換性がない場合があるため、WPA3 移行モードをオンにすると、接続に問題が生じることがあります。OnHub デバイスは WPA3 に対応していません。

WPA や WEP などの以前のプロトコルは、業界専門家や Wi-Fi Alliance が安全ではないとみなしているため、Google Nest Wifi ではサポートされていません。WEP や WPA に対する攻撃もすでに知られ、記録されています。パスワードを入力せずにデバイスをワイヤレス ネットワークに参加させることが可能な WPS も、セキュリティ上の理由によりサポートされていません。

WPA3 移行モードをオンにするには:

  1. Google Home アプリ Google Home app を開きます。
  2. [Wifi] をタップします。
  3. 上部の隅にある設定アイコン Settings gear をタップします。
  4. [WPA3] をオン On またはオフ Off に切り替えます。

: WPA3 のオンとオフを切り替えると、ネットワークが再起動し、デバイスの接続が切断されます

自動更新

Google Nest Wifi にはソフトウェアのアップデートが自動的に配信され、常に最新のセキュリティ機能や、最近発見されたセキュリティ上の脅威からの保護を確実に組み込むことができます。こうしたアップデートにはオープンソース コンポーネントが含まれることがあります。また、複数の厳格な審査が行われます。

ソフトウェア アップデートにはすべて Google が署名します。署名や確認が行われていないソフトウェアを Google Nest Wifi がダウンロードしたり、実行したりすることはありません。

TLS

Google Nest Wifi と Google 間の通信はすべて Transport Layer Security(TLS)で安全に保護されます。このプロトコルによって、デバイスとサーバー間のプライバシーが確実に保護され、他の誰かがメッセージを見たり、改ざんしたりすることが防止されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。