スマートライトでフェードイン機能とフェードアウト機能を使用する

フェードイン機能とフェードアウト機能を使用すると、スマートライト、スイッチ、プラグを徐々に明るくしたり暗くしたりできます。フェードアウト機能では、ライトが温白色になった後、30 分ほどかけて徐々に暗くなります。フェードイン機能では、日の出のように 30 分ほどかけてライトが明るくなります。

注: この機能は、Google Home アプリでデバイスタイプが「ライト」としてセットアップされているスマートライト、スイッチ、プラグのすべてで利用できます。詳しくは、デバイスのタイプを変更する方法をご覧ください。デバイスが色の変化に対応していない場合、ライトは徐々に明るくなるか、暗くなります。

Google Home アプリでスマートライトをリンクする

Google Home アプリでスマートライトをセットアップするには、次のいずれかの記事の手順に沿って操作します。

音声操作でフェードイン機能とフェードアウト機能を開始する

操作: 「OK Google」と言ってから…
室内のすべてのスマートライトでフェードイン機能またはフェードアウト機能を開始する。

「ライトをフェードインして」または「ライトをフェードアウトして」(ライトが同じ部屋にある場合)

 

「<部屋名> のライトをフェードインして」「<部屋名> のライトをフェードアウトして」(ライトが別の部屋にある場合)

1 つのライトでフェードイン機能またはフェードアウト機能を開始する。 「<ライト名> をフェードインして」または「<ライト名> をフェードアウトして」
フェードイン機能またはフェードアウト機能のスケジュールを設定する。

「午前 6 時にライトをフェードインして」または「午後 10 時にライトをフェードアウトして」(ライトが同じ部屋にある場合)

「午前 7 時に <部屋名> のライトをフェードインして」「午後 9 時に <部屋名> のライトをフェードアウトして」(ライトが別の部屋にある場合)

: このコマンドは、フェードイン機能またはフェードアウト機能を開始する 24 時間前から使用できます。

スピーカーやディスプレイでアラームのフェードイン機能を同期する。

「フェードイン機能をオンにして」(ライトが同じ部屋にある場合)

「<部屋名> でフェードイン機能をオンにして」(ライトが別の部屋にある場合)

: このコマンドは 1 回だけ言ってください。フェードイン機能をオンにすると、同じ部屋にあるライトと、同じデバイスでそれ以降に設定する朝のアラームが同期されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。