小規模ビジネスで Google Nest 製品を使用する

Google Nest エネルギー / セーフティ / セキュリティ製品は、家庭での使用を想定して設計されています。ただし、一部の例外を除いて、通常は小規模なオフィスや店舗でも使用できます。小規模ビジネスで Google Nest サーモスタットや Google Nest カメラなどの Google Nest 製品を設置する場合は、商業用不動産に適用されるすべての法律および地域の建築基準法や安全規定を必ず完全に遵守するようにしてください。

注: Google Workspace アカウントで Nest アプリにログインすることはできません。特権管理者がウェブとアプリのアクティビティを有効にしている場合は、Google Workspace アカウントを Google Home アプリにリンクできますが、アプリの一部の機能は利用できません。可能であれば、個人の Google アカウントを作成して、Google Nest 製品を追加したアプリにログインすることをおすすめします。

Google Nest サーモスタットをビジネスで使用する

Google Nest サーモスタットは、互換性のある暖房システムや冷房システムを備えたオフィスや店舗でシームレスに動作するようセットアップできます。

Google Nest サーモスタットは下記の機能を備えているため、エネルギーを節約しつつ、スタッフにとってもお客様にとっても快適な空間を作ることができます。

温度スケジュール

温度スケジュール機能により、サーモスタットは、適切な温度を適切なタイミングで自動的に維持します。

Google Nest サーモスタットの温度スケジュール機能

エコ温度

オフィスや店舗に人がいない場合、室内を快適な温度に保つ必要はありません。エコ温度機能を設定すると、このような時間帯のエネルギーを節約することができます。

エコ温度機能と設定の変更方法

アプリ経由の温度調節

Home アプリや Nest アプリを使用して、オフィスや店舗の温度をモニタリングできます。たとえば、外出中でもアプリを使用することで、オフィスや店舗の室内温度が適切かチェックし、必要に応じて温度を変更できます。

Home アプリまたは Nest アプリでサーモスタットを操作する

Google Nest カメラや Google Nest Doorbell をビジネスで使用する

GDPR(EU 一般データ保護規則)が適用される国の場合、Google Nest Cam は、純粋に個人や家庭で使用するものと想定されています。商用環境やビジネス環境で Google Nest カメラを設置、使用することはおすすめしません。カメラを使用する際は、地域の法規制を遵守しているか必ず確認してください。

Google Nest Protect をビジネスで使用する

Google Nest Protect をオフィスや店舗に設置して使用する際は、地域の建築基準法や火災安全規定を完全に遵守する必要があります。ただし、Google Nest Protect は住宅環境内で煙や一酸化炭素を検知するよう設計されているため、ビジネス向けとしては限界があります。

特別な火災検知システムや警報システムが必須である倉庫や、産業施設、商業ビル、居住以外の特殊用途向け建築の場合、包括的な火災検知システムの代わりとして、Google Nest Protect を単独で使用することはできません。ただし、このような施設内であっても、地域の建築基準法によっては、Google Nest Protect を追加的な防災機器として使用できる場合があります。

Google Nest Protect 認証について

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
1633396
false