Google Nest 製品への塗装について

Google Nest 製品を塗装しないでください。Google Nest 製品を塗装したり、カバーを付けたりすると、センサーやパフォーマンス、機能に影響が生じ、保証が無効になるおそれがあります。ただし、一部の Google Nest アクセサリや Google Nest パーツについては、ご自宅に合うように塗装していただけます。

基本的に、Google Nest 製品を塗装したり、染色したり、布などの素材で覆ったりしないでください

塗装してはいけないもの:

  • Google Nest Protect
  • Google Nest カメラ
  • Google Nest サーモスタット
  • Google Nest × Yale ロック
  • Google Nest Doorbell
  • Google Nest Secure のパーツ

安全に塗装できる Google Nest アクセサリ

屋外用のカメラケーブルや Google Nest サーモスタットのオプション トリムプレートなど、一部のアクセサリは例外的に塗装してご利用いただけます。
下記の表に記載されているアクセサリは、安全に塗装できます。
下記の表に記載されていない製品については、塗装は行わないでください。塗装された場合、保証が無効になります。

Google Nest 製品

安全に塗装できるアクセサリ

Google Nest Cam IQ Outdoor
Google Nest Cam Outdoor
Google Nest Cam 防塵・防滴ケーブル

  • ケーブル
  • ケーブル クリップ

重要: カメラ本体や電源アダプターの他のパーツは塗装しないでください。

油性塗料を使用する場合は、最初にケーブルに対して水性プライマーを使用する必要があります。

Google Nest サーモスタット

  • Google Nest サーモスタットのトリムプレート アクセサリ(別売)

重要: トリムプレートを塗装する場合は、塗装した後、完全に乾いたことを確認してから、Google Nest サーモスタットのベースを取り付けて、サーモスタットを設置するようにしてください。

 

ご自宅を塗装する前に

ご自宅の内部や外部を塗装する場合は、Google Nest 製品に塗料が付着しないように、壁や天井から Google Nest 製品を取り外してください。電源が入っている状態のデバイスをカバーで覆うことはおすすめしません。Google Nest 製品を取り外すことができず、一時的にカバーで覆う必要がある場合は、先に電源を切るようにしてください。塗装後は、覆ったカバーをできるだけ早く取り外してください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
1633396
false