To get the most out of Google Home, choose your Help Center: U.S. Help Center, U.K Help Center, Canada Help Center, Australia Help Center

アプリや Wi-Fi に接続する際のトラブルシューティング

Google Nest カメラや Google Nest Doorbell を設置する際に、Home アプリ / Nest アプリや Wi-Fi ネットワークに接続できない場合のトラブルシューティングの手順を以下に示します。

発生している問題を選択してください。

  • C-221 や C-327 などの数値コードを含むメッセージが表示されている場合は、Google Nest カメラのトラブルシューティングに進んでください。
  • 数値コード付きのメッセージは表示されていないが、セットアップを完了できない場合は、以下の手順でカメラとアプリを接続できる場合があります。

1. カメラとルーターまたはアクセス ポイントとの距離を確認する

カメラが範囲外にあるか、ルーターに近すぎる可能性があります。

  • カメラを Wi-Fi ルーター / アクセス ポイントに近づけてから、もう一度カメラをアプリに接続してみます。
  • カメラがすでに設置されていて、簡単に移動できない場合は、代わりに Wi-Fi ルーター / アクセス ポイントの方をカメラに近づけてみてください。
  • 重要: カメラをルーターに近づけすぎた場合も、接続の問題が発生することがあります。数メートルほど離して設置するようにしてください。

2. Google Nest カメラを再起動する

カメラを再起動すると、接続が更新されます。

コンセント接続型のカメラの場合

注: カメラがバッテリーで動作する場合は、バッテリー式カメラ用の手順を使用してください。

  1. カメラの電源アダプターをコンセントから取り外します。
  2. 10 秒ほど待ってから、もう一度カメラの電源アダプターをコンセントに接続します。
  3. カメラは自動的に再起動します。

バッテリー式カメラの場合

カメラの背面にあるボタンを 1 回押して、再起動するのを待ちます。ボタンを長押ししないでください。出荷時設定にリセットされてしまいます。

注: まれに、カメラをリセットしてアプリのセットアップを最初からやり直さなければならない場合があります。そのような場合でも、まずこの記事に記載されているトラブルシューティングの手順をすべて試してからリセットを行うようにしてください。

Google Nest Doorbell の場合

  1. ドアホンを再起動するには、パッケージに同梱されている取り外し用のツールを使用して、バックプレートから取り外します。取り外し用ツールの代わりに、画鋲やクリップを使用することもできます。
    • 電源直結型のドアホンの場合は、電源につないだままにします。
  2. ドアホンの背面の上部付近にある穴に、取り外し用ツール(あるいは画鋲やクリップ)を差し込みます。
    • 第 2 世代のバッテリー式ドアホンの場合: リセットボタンを 1 回押して、ドアホンが再起動するのを待ちます。チャイムが鳴り、ドアホンの前面にあるライトが白色で点灯します。
    • 注: リセットボタンを 20 秒以上長押ししないでください。出荷時設定にリセットされてしまいます。
    • 第 1 世代の電源直結型ドアホンの場合: ドアホンのライトが消えるまでリセットボタンを(10 秒ほど)長押ししてから離します。
      注: Google Nest Doorbell(電源直結型)の前面にあるドアホンボタンは長押ししないでください。出荷時設定にリセットされてしまいます。

カメラが再起動すると、カメラの前面で、接続済みであることを示す緑色のライトが点灯し、数分以内にアプリ内でオンライン状態に戻ります。

注: まれに、ドアホンをリセットしてアプリのセットアップを最初からやり直さなければならない場合があります。そのような場合でも、まずこの記事に記載されているトラブルシューティングの手順をすべて試してからリセットを行うようにしてください。

3. 自宅の Wi-Fi が機能していることを確認する

自宅内の別のデバイスからインターネットに接続できるか確認します。スマートフォンを使用している場合は、機内モードをオンにしてから Wi-Fi をオンにすることで、モバイルデータが使用されるのを防ぐことができます。

別のデバイスもインターネットに接続できない場合は、ルーターやモデムを再起動してみます。

4. ルーターを再起動する

ルーターとモデムを再起動すると、インターネット接続がリセットされます。Wi-Fi の中継器(レンジ エクステンダーまたはリピーター)を使用している場合は、中継器も再起動する必要があります。

注: ルーターやモデムは、メーカーやモデルによって仕様が異なります。再起動方法の具体的な手順については、デバイスのユーザー マニュアルをご覧ください。

  1. モデムとルーターの電源コードを抜きます。モデムとルーターは、一体型の場合もあれば、別々のデバイスの場合もあります。電源コードを抜くと、モデムとルーターのすべてのライトがオフになります。
  2. 30 秒ほど待ってから、モデムとルーターをもう一度電源に接続します。
  3. モデムとルーターが再起動します。電源ライトや接続ライトが点灯するまで、数分待ちます。この際に、データライトがすばやく点滅することもあります。

ルーターとモデムが再起動したら、カメラをアプリに接続できるか確認します。

この手順を行ってもインターネットに接続できない場合は、インターネット サービス プロバイダに連絡して、お住まいの地域のサービス ステータスを確認してください。

5. Nest サービスのステータスを確認する

注: Home アプリを使用してカメラをセットアップする場合は、この手順をスキップしてください。

Nest サービスのステータスを確認する

Nest サービスが停止している場合は、サービスが再開するのを待ってから、カメラを Nest アプリに接続できるか確認します。
サービスが停止しているときに Nest アプリを使用しようとすると、「現在 Nest サービスにアクセスできません」というメッセージが表示される場合があります。

6. 干渉がないか確認する

どのようなネットワークも電波干渉の影響を受けやすく、カメラを Nest アプリに接続する際、そのような電波干渉が問題を引き起こす可能性があります。

電波干渉が発生する主な原因は以下のとおりです。

  • 壁や床からの干渉
  • 競合する Wi-Fi ネットワークからの干渉
  • 他の電子機器からの干渉

電波干渉の詳細とそのトラブルシューティング

7. Wi-Fi ルーター / アクセス ポイントの設定を確認する

ルーターやアクセス ポイントの設定によって接続に問題が発生する場合があります。

ファイアウォールのセキュリティ レベルやペアレンタル コントロール(保護者による使用制限)のレベルが高いと、Nest サーバーとの通信がブロックされる場合があります。Wi-Fi ルーター / アクセス ポイントのドキュメントをご覧いただき、ネットワークに対してファイアウォール機能やペアレンタル コントロール機能が有効になっているかどうかを調べて、その制限からカメラを除外する方法を確認してください。

設定項目の詳細については、Google が推奨する Wi-Fi 設定をご覧ください。

Wi-Fi ネットワークとルーターの推奨設定

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

true
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
1633396
false
false