家の外出モードと在宅モードを手動で切り替える方法

在宅 / 外出アシスト、または在宅 / 外出のルーティンをセットアップすると、在宅確認機能によって家の在宅モードと外出モードが自動的に切り替わります。これにより、外出または帰宅した際に家のモードが切り替わり、製品の動作が調整されます。家の在宅モードと外出モードの切り替えは手動で行うこともできます。

在宅確認機能によって自動で切り替わるので、通常は手動で在宅モードと外出モードを切り替える必要はありません。しかし、手動で外出モードに切り替えることで、Nest で外出が検出されるのを待つよりも素早くモードを切り替えられます。想定どおりに切り替わらない場合、手動での切り替えがトラブルシューティングに役立つこともあります。たとえば、手動で在宅モードに設定すれば、室内を暖かく保ちながらサーモスタットの問題のトラブルシューティングを行えます。

注: 家にいる間に、手動で外出モードに切り替えた場合、家は 5 分ほど在宅モードのままになります。そのため、実際に切り替わるまで数分の猶予があります。5 分後に、Nest 製品のいずれかが在宅を検出すると、自動的に在宅モードに戻ります。

Nest アプリをご利用の場合

Nest アプリを使って、家の在宅モードと外出モードを手動で切り替えられます。
: Google Nest サーモスタットでは、在宅モードまたは外出モードを設定できなくなりましたが、サーモスタットを手動でエコ温度に切り替えられます。

スマートフォン、タブレット、パソコンの場合

  1. スマートフォン、タブレット、またはパソコン上で Nest アプリを開きます。複数の家をセットアップしている場合は、ここで設定する家を選択します。
  2. 家アイコンをタップします。
  3. [Home] または [Away] を選択して家のモードを変更します。

Home アプリをご利用の場合

Google Home アプリを使って、家の在宅モードと外出モードを手動で切り替えられます。

Home アプリを使用する場合

  1. Google Home アプリ Google Home を開き 次に ホームビュー画面の上部で在宅と外出を切り替えるアイコンをタップします。
  2. [在宅] または [外出] を選択して家のモードを変更します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。