To get the most out of Google Home, choose your Help Center: U.S. Help Center, U.K Help Center, Canada Help Center, Australia Help Center

低温時に発生する Google Nest のカメラやドアホンのバッテリー充電時の動作

気温が氷点下になると、Google Nest のカメラやドアホンのリチウムイオン バッテリーは充電できません。ドアホンカメラやスマートフォンの人気の高いモデルを含め、多くのデバイスがリチウムイオン バッテリーを使用して高出力で長時間の駆動を実現していますが、これらのバッテリーは氷点下の気温の影響も受けます。

Google Nest Cam(バッテリー式)と Google Nest Doorbell(Battery Type)のバッテリーの最低温度要件は次のとおりです。

  • 最低動作温度: -20°C
  • 最低充電温度: 0°C

-20°C~0°C の範囲内の気温でも、バッテリーはデバイスに電力を供給できますが、充電することはできません。また、バッテリーの消耗が通常より速くなることもあります。気温が -20°C 付近になると、バッテリーの駆動時間は暖かい日の半分を下回ることもあります。

注: バッテリーは 40°C(Google Nest Cam(バッテリー式)と Google Nest Doorbell(Battery Type)の最高動作温度)でも充電できます。

低温時は屋内でバッテリーを充電する

気温が 0°C を下回り、バッテリー残量が少ない場合は、屋内の(できれば室温の)暖かい場所に持ち込んでください。バッテリーの温度が 0°C を超えると、充電がゆっくりと開始されます。暖かくなると、充電速度が速くなります。

バッテリーの温度が上がらないと、Google Home アプリに「充電一時停止中」または「低速充電中」というメッセージと、長い推定充電時間が表示されます。バッテリーが暖かくなるにつれて、推定充電時間は短くなります。

低温時の電源直結型設置の動作

Google Nest Doorbell(Battery Type)

Google Nest Doorbell(Battery Type)を既存のドアホンの配線に接続している場合、配線からドアホンに電力が直接供給されるのではなく、バッテリーが配線からの電力で少しずつ充電され、ドアホンはバッテリーの充電を利用します。-20°C~0°C の範囲内の気温では、ドアホンは動作し続けますが、バッテリーは充電できないため消耗します。バッテリーの残量がまったくなくなると、ドアホンは停止するため、屋内に持ち込んで充電する必要があります。

Google Nest Cam(バッテリー式)

Google Nest Cam(バッテリー式)の動作は、Google Nest Doorbell(Battery Type)とは異なります。Google Nest Cam(バッテリー式)の電源直結型設置では、配線からカメラに直接電力が供給されます。気温が氷点下になると、バッテリーは充電されませんが、直結電源が利用できる限り、気温が -20°C に下がるまでカメラは動作します。

Google Nest Cam(バッテリー式)を Wasserstein ソーラーパネルに接続している場合、パネルからカメラに電力が直接供給されるのではなく、バッテリーがパネルによって少しずつ充電され、カメラはバッテリーの充電を利用します。-20°C~0°C の範囲内の気温では、カメラは動作し続けますが、バッテリーは充電できないため消耗します。バッテリーの残量がまったくなくなると、カメラは停止します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
1633396
false