Google 広告エディター バージョン 1.0

Google 広告エディター バージョン 1.0 では、以下の機能をご利用いただけるようになりました。

複数アカウントのサポート

複数のアカウントを選択して 1 つのウィンドウで開き、まとめて編集できます。

効率的な編集機能

落ち着いて作業ができるように整理してスペースに余裕を持たせた新しい画面により、よりスピーディーに変更を加えられます。

スキップ不可の動画広告を全面的にサポート

Google 広告エディターは、スキップ不可のインストリーム動画キャンペーン、広告グループ、広告をサポートするようになりました。詳しくは、動画広告フォーマットの詳細をご覧ください。

カスタムルール機能のアップデート

このバージョンの Google 広告エディターでは、5 つの新しいカスタムルールが追加されました。新しいルールにより、次の場合にアラートが表示されます。

  • 検索ネットワーク キャンペーンの広告グループにレスポンシブ検索広告がない場合(その広告グループに、すでに有効な拡張テキスト広告が 1 つ以上含まれている場合)
  • 動画キャンペーン(TrueView アクション キャンペーンではない)が Google 動画パートナーをターゲッティングしていない場合
  • TrueView ディスカバリー広告がキーワードまたはトピックをターゲッティングしている場合
  • TrueView キャンペーンが YouTube 検索のみをターゲットにしているのに、TrueView インストリーム動画広告しかない場合
  • 動画キャンペーンの開始日と終了日が設定されているが、1 日の平均予算を使用している場合

詳細: カスタムルールを使用する

広告の効力インジケータ

Google 広告エディターのレスポンシブ検索広告に、[広告の効力] 列が表示されるようになりました。ここで各広告の品質評価を確認できます。広告の評価にカーソルを合わせると、その広告の品質を改善するための最適化案が表示されます。注: 現在、この機能は英語でのみご利用いただけます。詳しくは、レスポンシブ検索広告ついてをご覧ください。

TrueView アクション キャンペーンのコンバージョン数を最大化する

TrueView アクション キャンペーンの「コンバージョン数の最大化」入札戦略が、Google 広告エディターでサポートされるようになりました。詳しくは、TrueView アクション キャンペーンを作成する方法をご覧ください。

ディスプレイ キャンペーンでコンバージョン数を最大化する

入札戦略「コンバージョン数の最大化」が ディスプレイ キャンペーンとスマート ディスプレイ キャンペーンでご利用いただけるようになりました。詳しくは、コンバージョン数の最大化による入札についてをご覧ください。

アプリ キャンペーンの新しいサポート項目

アプリ キャンペーンの場合、このバージョンの Google 広告エディターでサポートされるようになった内容は次のとおりです。

  • キャンペーン レベルのアセット、広告グループ、広告
  • 目標広告費用対効果(ROAS)、コンバージョンの最大化、目標コンバージョン単価(CPA)の入札戦略
  • アプリ内ユーザー行動の価値を重視の最適化目標(目標コンバージョン単価の入札戦略と一緒に使用する場合)

詳しくは、アプリ キャンペーンの詳細をご確認ください。

スマート ディスプレイ キャンペーンのオーディエンス ターゲティング

スマート ディスプレイ キャンペーンでオーディエンス ターゲティング(オーディエンスを除外する機能を含む)がご利用いただけるようになりました。詳しくは、スマート ディスプレイ キャンペーンの詳細またはターゲットから特定のユーザーを除外する方法をご覧ください。

バンパー キャンペーンは動画キャンペーンに変わりました

バンパー動画キャンペーンは、手動インプレッション単価(手動 CPM)入札戦略が使用できる動画キャンペーンに変わりました。必要に応じて、これらのキャンペーンにインストリーム広告を追加できる目標インプレッション単価(目標 CPM)に入札戦略を変更することもできます。詳しくは、動画広告フォーマットの概要をご覧ください。

メッセージ表示オプション

このバージョンの Google 広告エディターでは、メッセージ表示オプションが全面的にサポートされています。詳しくは、メッセージ表示オプションについてをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。