複数のアカウントに変更を加える

Google Ads Editor では、複数のアカウントに CSV ファイルをインポートしたり、複数のアカウントを 1 つの CSV ファイルにエクスポートしたりできます。

手順

複数のアカウントを 1 つのファイルにエクスポートする

複数のアカウントを 1 つの CSV ファイルにエクスポートできます。手順は次のとおりです。

  1. アカウント マネージャーでアカウントを選択します。
  2. [エクスポート] をクリックします。
  3. 表示されたウィンドウでファイル名を入力し、ファイルの種類を選択します。
  4. [保存] をクリックします。
常にエクスポートにアカウント列を含めるには、[設定]、[全般] の順にクリックし、[CSV や ZIP ファイルでのエクスポートに必ずアカウント列を含める] というチェックボックスをオンにします。

複数のアカウントにファイルをインポートする

1 つの CSV ファイルをインポートして、複数のアカウントに変更を加えることができます。これには次の 2 つの方法があります。

お客様 ID のリストを指定したアカウント列が含まれる CSV または ZIP ファイルがある場合は、次の手順を行います。

  1. アカウント マネージャーで [インポート] をクリックします。
  2. [読み込み先のファイル] を選択します。
  3. インポートするファイルを選択します。
  4. [開く] をクリックします。
  5. 表示されたウィンドウで [変更を終了して確認] をクリックします。

CSV または ZIP ファイルにアカウント列が含まれていない場合、または高度な機能を使用する場合は、次の手順を行います。

  1. アカウント マネージャーで [インポート] をクリックします。
  2. [テキストを貼り付け] を選択します。
  3. 右側の表にデータを貼り付けます。列見出しを英語で指定するか、表の上部にあるプルダウン メニューから手動で見出しを選択します。
  4. 左側で次のいずれかのオプションを選択します。
    1. [データにアカウント情報が含まれています]: アカウント列が含まれているデータを貼り付ける場合に使用します。
    2. [以下の条件に一致するアカウントのデータのみを使用する]: アカウント列が含まれているデータを貼り付ける際、ファイルの情報を一部のアカウントにのみインポートする場合に使用します。チェックボックスをオンにしていないアカウントがファイルに含まれていても、データはチェックボックスをオンにしたアカウントにのみインポートされます。このオプションを使用すると、特定のアカウントにデータをインポートして、ファイルのアカウント列を変更する手間を省くことができます。
    3. [選択済みの次のアカウントを使用する]: ファイルにアカウント列が含まれていない場合や、インポートにアカウント列を使用しない場合に使用します。代わりに、選択したアカウントにすべての行がインポートされます。
  5. [処理] をクリックします。
  6. 変更を確認せずにインポートするには、[インポートした変更はすべて自動的に承認する] というチェックボックスをオンにします。変更を確認するには、このチェックボックスをオフのままにしておきます。
  7. [終了] をクリックします。
     
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。