Google Ads Editor で CSV ファイルをインポートする

CSV ファイルを作成する

CSV ファイルをインポートすることによって、Google 広告アカウントに多数のアイテムを追加したり、まとめて変更したりすることができます。インポートが正しく行われるよう、フォーマットについて下のガイドラインを確認してください。

1. アイテムごとに行を分けて記述する

CSV ファイルでは、エンティティ(キャンペーン、ターゲット地域、広告など)を 1 行に 1 つずつ分けて記述する必要があります。次の例では、1 行目が列ヘッダー、次の 2 行はキーワード、最後の 2 行は広告テキストになっています。

キャンペーン, 広告グループ, キーワード, 広告見出し, ...
キャンペーン A, 広告グループ A, キーワード 1
キャンペーン A, 広告グループ A, キーワード 2
キャンペーン A, 広告グループ A, [空白], 広告見出し 1, ...
キャンペーン A, 広告グループ A, [空白], 広告見出し 2, ...

必要な変更や追加が少量の場合は、Google 広告エディタから CSV ファイルをエクスポートして編集し、再度 Google 広告エディタにインポートする方法も有効です。

注:

  • Google 広告エディタのエクスポート設定で、CSV や Zip ファイルのエクスポート時に元の列を含める設定をオンにした場合、一部の列(フィールド)が複製され、一方の列の見出しは末尾に「#Original」と追記されます。「#Original」と追記された列には元の値が残っており、そのまま保持することができます。データの編集はもう一方の列(見出しがそのままのもの)で行ってください。CSV データ列を使った編集の詳細
  • 広告表示オプションは、キャンペーン単位、広告グループ単位のほかにアカウント単位でも追加が可能です。CSV インポートでアカウント単位の広告表示オプションとの関連付けを作成するには、[Campaign] 列にキャンペーン名の代わりに「<Account-level>」と入力してください。アカウント単位の広告表示オプションと、共有の広告表示オプションの違いに注意しましょう。CSV の各フィールドの内容はほぼ共通ですが、後者は [Campign] および [Ad Group] 列が空欄になります。

2. 列ヘッダーを含める

Google 広告エディタでは、CSV ファイルの 1 行目を列ヘッダーの行として処理します。CSV ファイルの列ヘッダーの行には、次のいずれかのオプションを選択できます。

  • オプション 1(推奨): Google 広告エディタの標準の列ヘッダーを記載します。このガイドの次の記事で、CSV の列の一覧をご確認いただけます。
  • オプション 2: 独自の列ヘッダーを使うか、1 行目を空白にします。CSV ファイルをインポートする際に、列ヘッダーを選択または変更することができます。

3. 各列の入力形式を確認する

一部の列では特別な入力形式に従う必要があります。たとえば、言語ターゲットの設定は言語コードによって指定します。このガイドの次の記事に記載の CSV の列の一覧には、各列の入力形式に関する説明も含まれています。

1 つのセル内で複数の値を指定する場合はセミコロンで区切ります。たとえば英語とドイツ語をターゲットに指定する場合は「en;de」と入力します。柔軟なリーチでは「gender;age」のように入力します。

CSV ファイルから新しいキャンペーンをインポートする際に、Google 広告エディタが設定を認識できない場合は、デフォルトのキャンペーン設定が使用されます。

4. ファイル形式とエンコード方式を確認する

ファイルは必ず CSV 形式で保存します。

Google 広告エディタに XLS ファイルをインポートすることはできません。ファイルの作成や編集を Excel で行った場合は、ファイルを Unicode テキスト形式で保存することをおすすめします。

  • Windows の場合: [名前を付けて保存] > [ファイルの種類] > [Unicode テキスト] を選択します。
  • Mac の場合: [名前を付けて保存] > [フォーマット] > [UTF-16 Unicode テキスト] を選択します(ファイルの拡張子が .csv から .txt に変更されますが、インポートは正常に行われます)。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。