提案された変更内容を共有する

変更をアカウントに送信する前なら、他の Google 広告エディタのユーザーと変更内容を共有することができます。変更内容を確認するユーザー数に制限はなく、各ユーザーは変更を加えたり、コメントを追加したりできます。

共有のワークフローの概要:

  1. Google 広告エディタでアカウントを編集します(変更はまだ送信しないでください)。
  2. 変更内容を AES ファイルとしてエクスポートします。ドラフト用キャンペーンは共有ファイルに含まれていないため、それらを含める場合には、ドラフト用キャンペーンを「有効」に変更してください。
  3. 同僚、上司、顧客など、変更を確認してもらう相手に Google 広告エディタ共有ファイル(AES ファイル)を送信します。
  4. 変更を確認するユーザーは、AES ファイルを Google 広告エディタにインポートして、変更内容を確認します。
  5. 変更を確認したユーザーは、Google 広告に変更を送信するか、変更をエクスポートして他のユーザーに送信、または元のユーザーにファイルを返送できます。

AES ファイルに関する注意事項:

  • AES ファイルは、提案された変更内容が永続的に記録されるものではなく、それが作成された時点に特化されたものであり、その時点を過ぎてしまうと適用できません。エクスポートを行い、しばらくしてからインポートし直す予定の場合は、[バックアップをエクスポート(AEA)] オプションを使用してください。
  • AES ファイルの有用性を十分に活かすことができるよう、変更内容確認用のファイルを送信する前に、確認を依頼する相手と近いタイミングで最近の変更をダウンロードしておきましょう。両者のアカウントのバージョンが異なっていると、AES 共有ファイルをインポートしても正常に動作しないことがあります。確認を行うユーザーとお客様の双方でアカウントをダウンロードしてから、お客様が変更をエクスポートし、AES ファイルを送信してください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
2016043845627258518
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
73067