店舗での販売の測定について(小売店とレストラン以外の業種向け)

店舗での販売(直接アップロード)は、ほとんどの業種に効果的です。小売店やレストランを運営している場合は、店舗での販売の測定をビジネスで利用する方法に関するこちらの記事を参照してください。

店舗での販売(直接アップロード)では、プライバシーに配慮した方法で販売データを使用して、店舗での購入への広告の貢献度を把握できます。ビジネスの取引データをアップロードし、照合することで、オフラインでの購入にどの程度 Google 広告が役立っているかを判断することが可能です。

メリット

店舗での販売(直接アップロード)の測定では、オフライン ビジネスへの行動につながるインサイトを引き出すことに加えて、オンラインからオフラインへのマーケティング投資効果を最大限に高めるのに役立つ有益な機能を利用できます。

  • ビジネス インサイト: オンライン広告の効果を包括的に確認できます。顧客のリサーチとショッピング経路は複雑で、多くの場合、店舗での購入に至るまでにオンラインでのタッチポイントが多く含まれています。店舗での販売の測定は、検索キャンペーン、ショッピング キャンペーン、YouTube キャンペーンの広告費用対効果(ROAS)を計算するのに役立ちます。デバイスや、キャンペーン、広告グループ、キーワード別にデータを分割することでインサイトを得て、ビジネス戦略を決定することができます。
  • 顧客リスト: この機能では、アップロードとハッシュ化された店舗での取引データを使って、ルール指定の顧客リストを作成できます。既存の顧客のカスタム セグメントを作成して入札単価を最適化したり、カスタマイズしたメッセージを適切なタイミングで送信したりするのに役立ちます。
  • コンバージョン アクションの分割: 店舗での販売(直接アップロード)では、コンバージョン データをさまざまなグループ(顧客セグメントや商品カテゴリなど)別に分割して、より行動につながるインサイトを得ることができます。店舗での販売のコンバージョン アクションを 1 つだけ利用して販売全体を捉えるのではなく、複数のコンバージョン アクションを作成し、それらに関連したセグメントの取引データをアップロードすることで、さらに詳細なレポートを入手することが可能です。

仕組み

  • 顧客が Google アカウントにログインして、広告を操作します。
  • その後、顧客が店舗を訪問して商品を購入します。購入の際、ポイント プログラムまたは電子領収書を介して顧客から提供された情報(メールアドレスや電話番号など)に基づいて、その取引を顧客にリンクします。
  • Google 広告アカウントで店舗での販売(直接アップロード)の測定を設定し、取引データを Google 広告にアップロードします。
  • 照合された取引は、検索キャンペーン、ショッピング キャンペーン、動画キャンペーンの広告のクリックに関連付けられます。取引を正確にレポートするため、Google のアルゴリズムは、Google アカウントからログアウトしているユーザーなどを含めたユーザーの全体的な人数を推測し、それを使用して、匿名化された集計結果を Google 広告で表示します。このデータは、アトリビューションの信頼度に関する厳格な基準に達している場合のみレポートされます。
  • Google が取引データを広告と照合します。
  • プライバシーに関する厳格な基準に達している場合、Google 広告のレポートには広告の影響を受けたコンバージョンの合計数が表示されます。レポートされるのは、匿名化された集計済みの販売データのみです。

要件

店舗での販売(直接アップロード)を利用するための要件は以下のとおりです。

  • 実店舗を持ち、多数のオフライン取引がある。
  • オフラインの店舗での販売データを顧客管理(CRM)システムでトラッキングする。
  • オフライン取引に関連する顧客情報を収集するための方法(ポイント プログラムなど)がある。
  • 少なくとも月 1 回は取引データをアップロードする(ただし、毎週または毎日アップロードすることを強くおすすめします)。
  • (アップロード日から)過去 90 日間に、検索結果またはショッピングの検索結果で 50 万回以上のクリック数を獲得しているか(アップロード日から)過去 90 日間に動画広告で 75 万回以上のクリック数または視聴回数を獲得している。
  • 顧客情報(メールアドレス、電話番号、POS で収集した自宅の住所など)にリンクされた取引を 1 か月あたり 6,000 件以上獲得している。
  • 毎月、アカウントの実店舗での販売数が十分にある。
  • Google 広告の顧客データに関するポリシーに準拠する。

店舗での販売の直接測定の要件を満たしていて、このサービスのご利用に関心をお持ちの場合は、次のステップとして、Google のアカウント担当者にお問い合わせください。

店舗での販売(直接アップロード)の ISO 27001 認証

国際標準化機構(ISO)は独立した非政府国際組織であり、163 の国際的な国家標準化団体で構成されています。ISO/IEC 27000 規格群は、組織が情報資産の安全を保つうえで役立ちます。

ISO/IEC 27001 は情報セキュリティ管理システム(ISMS)の要件を規定します。また、一連のベスト プラクティスをまとめ、情報リスクの管理に関するセキュリティ統制を詳しく示します。

店舗での販売は、ISO/IEC 27001 に準拠しています。27001 規格は特定の情報セキュリティ統制を義務付けるものではありませんが、Google はこの規格で明確に示されている統制フレームワークとチェックリストを活用して、セキュリティ管理モデルの包括性および継続的な改善を確保しています。

ISO 27001 についての詳細

店舗での販売のホームに戻る

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false