報告された通話数について

報告された通話数を見れば、「当社を知ったきっかけは?」とユーザーに尋ねなくても、スマート アシスト キャンペーン経由で受けた通話数がわかります。

: Google 広告専用転送電話番号は、この機能が利用可能なすべての国において、割り当てられた電話番号を使う新しいスマート アシスト キャンペーンで必須です。対象国については、Google 広告専用転送電話番号が利用可能な国の全リストをご覧ください。これらの国では、通話データが報告された通話数として表示されます。
Google 広告専用転送電話番号がサポートされていない国では、報告された通話数は表示されません。この場合、通話データは(報告された通話数ではなく)通話クリック数として表示されます。通話クリック数の詳細

報告された通話数の仕組み

報告された通話数は、スマート アシスト キャンペーンに追加した電話番号が Google 広告専用転送電話番号に割り当てられている場合に、キャンペーンのダッシュボードに表示されます。報告された通話数ではスマート アシスト キャンペーン経由の通話数がわかるため、広告掲載の効果を具体的に把握できます。

スマート アシスト キャンペーンが有効な場合は、固有の Google 広告専用転送電話番号が広告に表示されます。ユーザーがビジネスの実際の電話番号ではなく、この転送電話番号にかけた通話は、広告主様に転送されます。広告経由の通話を受けると「Google 広告経由の通話です」といったメッセージが流れるため、広告を見たユーザーからの電話であることがわかります。

Google 広告専用転送電話番号を使うことで、通話ごとの詳細情報(通話時間、発信者の電話番号に関連付けられている国、および多くの場合には発信者の市外局番など)も把握できます。可能な場合に限り、15 秒を超える通話に関しては、折り返し先となる番号の全体も報告通話数に表示されます。

Google 広告専用転送電話番号は、パソコンとモバイルのどちらのデバイス上でも広告に表示されます。なお、Google マップ上に掲載される広告では報告された通話数は機能しないため、マップ上の広告に表示される電話番号は変わりません。

: 報告された通話数によって、Google での広告の表示回数や表示順が変わることはありません。

報告された通話数の設定方法

キャンペーン目標として [通話] を選んだ場合は、広告からの通話を受ける電話番号を指定する必要があります。他のすべてのキャンペーン目標と同様に、広告に通話オプションを含めるかどうかは広告主様が自由に決められます。

広告からの通話を受ける電話番号は、次の手順でいつでも追加、編集できます。

  1. 編集するキャンペーンを見つけます。
  2. [広告] カードで [詳細を表示] をクリックします。
  3. [ビジネス情報] タブをクリックします。
  4. [広告に通話ボタンを表示する] チェックボックスをオンにします。
  5. 編集(鉛筆)アイコンをクリックし、電話番号を入力します。
  6. [保存] をクリックします。

費用

広告費用が発生するのは、広告クリックか広告経由の通話が発生した場合のみです。費用は日によって変動しますが、ご指定いただいた 1 か月の予算の上限を超える額が請求されることはありません。

報告された通話数のメリット

報告された通話数は、広告を見て電話をかけてきたユーザーの数を知りたい場合に役立ちます。広告に対するユーザーの反応が具体的にわかり、スマート アシスト キャンペーンがビジネスにもたらしている価値の全体像がさらに明確になります。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。