リマーケティング データの収集を無効にする

リマーケティングを使うと、過去にウェブサイトを訪問したユーザーやモバイルアプリを利用したユーザーに広告を表示することができます。パーソナライズド広告を表示したくないユーザーのリマーケティング データの収集を無効にするには、allow_ad_personalization_signals パラメータを使います。

仕組み

allow_ad_personalization_signals パラメータを使うと、パーソナライズド広告を表示したくないユーザーのリマーケティング データの収集を無効にできます。このパラメータはデフォルトでは true に設定されています。パラメータの値を false に設定すると、パーソナライズド広告を目的としたデータの使用が無効になります。このパラメータでは、コンバージョン トラッキングは無効になりません。

一度 allow_ad_personalization_signals パラメータを設定すれば、グローバル サイトタグを通じて、その設定をすべてのサービスに適用できます。特定の Google 広告アカウントで、このパラメータの値が使われるようにするには、gtag('set') コマンドを使って、このパラメータに値を設定する必要があります。

グローバル サイトタグを編集してリマーケティング データを無効にする

  1. Google 広告にログインします。
  2. 画面右上のツールアイコン をクリックし、[共有ライブラリ] で [オーディエンス マネージャー] をクリックします。
  3. 左側にある [オーディエンス ソース] をクリックします。リマーケティング リストを編集できるソースのグループが表示されます。
  4. 「Google 広告タグ」カード右上のその他アイコン をクリックしてから、[ソースを編集] をクリックします。
  5. [保存して次へ] をクリックします。
  6. インストール画面が表示されると、グローバル サイトタグとイベント スニペットが使用できる状態になります。以下は、グローバル サイトタグを変更して広告のパーソナライズ信号を無効にする方法の例です。コードをサイトに組み込むには、コードをコピーしてサイトの <head></head> タグの間に貼り付けます。
以下のコードをウェブサイトで使用する場合は、そのままコピーして貼り付けないようにしてください。スニペットに含まれるプレースホルダ値は、スニペット コードをウェブサーバーに組み込む際にウェブマスターが動的に入力する必要があります。

< ! -- Global Site Tag (gtag.js) -  Google Ads  -->

< ! -- Container request -->

<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=AW-999999"></script>

<script>

  window.dataLayer = window.dataLayer | | [ ] ;

  function gtag ( ) { dataLayer.push ( arguments ) } ;

  gtag ('set', 'allow_ad_personalization_signals',  false ) ;

  gtag ( 'js', new Date ( ) ) ;

  gtag ( 'config' ,  'AW-999999' ) ;

</script>

注: 古い AdWords タグを使っている場合は、var google_allow_ad_personalization_signals = "false"; を設定することで、他の Google 広告タグのパラメータを設定できます。詳しくは以下の例をご確認ください。

<!-- Google Code for Purchase Conversion Page -->

<script type="text/javascript"> 

/* <![CDATA[ */

    var google_conversion_id = 1234567890;

    var google_conversion_label = "xxx-XXx1xXXX123X1xX";

    var google_remarketing_only = "false"

    var google_conversion_value = 10.0;

    var google_conversion_currency = "USD";

    var google_allow_ad_personalization_signals = "false" ; 

    /* ] ] > */ 

</script>

<script type="text/javascript" src="//www.googleadservices.com/pagead/conversion.js">

</script>

7. [完了] をクリックします。

注: AdWords API を使ってサーバー経由でリマーケティングの ping を送信する際(アプリの動的リマーケティングなど)、ユーザーがパーソナライズド広告の表示を希望していない場合は、false に設定した allow_ads_personalization パラメータがそれらの ping に含まれていることを確認してください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。