オーディエンス拡張について

オーディエンス拡張機能を使用すると、キャンペーンの目標に基づいて、より多くのユーザーに効率よくリーチできます。お客様のビジネスにとって重要なユーザーへのリーチが自動的に拡大されるので、Google 広告でのマーケティング目標の達成がさらに促進されます。

オーディエンス拡張を有効にすると、関連性の高いオーディエンスに対象を拡大することで、広告を掲載する広告枠を増やすことができます。オーディエンス拡張は、「商品やブランドの比較検討」または「ブランド認知度とリーチ」の目標を使用する動画キャンペーンで使用できます。

 


メリット

オーディエンス拡張機能の利用には、以下のようなメリットがあります。

  • オーディエンス ターゲティングと最適化が容易になる
  • さまざまなネットワークおよびオーディエンスのタイプに対応できる
  • リーチの拡大を促進できる

使い方

Google 広告アカウントで [キャンペーン] を選択します。次に、[オーディエンス、キーワード、コンテンツ] タブを開いて [オーディエンス] をクリックします。[オーディエンス拡張] チェックボックスをオンにして、キャンペーンでオーディエンス拡張を有効にします。

新しい広告キャンペーンのオーディエンス拡張を示す UI 画面

「商品やブランドの比較検討」または「ブランド認知度とリーチ」を目標としている場合は、現在のインプレッション単価および広告視聴単価を維持しつつ、指定されたオーディエンスに類似するユーザーがターゲットに加わるため、キャンペーンのリーチが拡大されます。リーチをどの程度まで拡大できるかは、利用できる予算とオーディエンスの規模によって決まります。

キャンペーンに適用されているコンテンツの除外オプション(広告枠のタイプ、デジタル コンテンツ ラベル、コンテンツ タイプなど)は、オーディエンス拡張でも適用されます。

オーディエンス拡張と最適化されたターゲティングの違い

オーディエンス拡張では、既存のオーディエンス セグメントと類似しているより多くのユーザーを探すことができるため、キャンペーンを通じてインプレッション数、視聴回数、クリック数、コンバージョン数が増える可能性があります。最適化されたターゲティングでは、コンバージョンに至ったユーザーが最近検索した語句など、キャンペーンのリアルタイムのコンバージョン データに基づいて、コンバージョンに至る可能性が高いユーザーをターゲットに設定することでコンバージョン数を増やします。また、把握されている起点を指定することで、手動で選択したオーディエンス セグメントがモデルに反映されます。

たとえば、陣内氏は、発売予定の新しいランニング シューズにユーザーの注目を集めたいと考えているとします。キャンペーンのターゲティングでは、陣内氏は、検索キャンペーンで高い成果を上げているキーワードに基づくカスタム セグメント(「ランニング シューズのセール」など)と、「スポーツ シューズ」の購買意向の強いセグメントという 2 つのオーディエンス タイプを使用しています。オーディエンス拡張または最適化されたターゲティングを利用すると、陣内氏のキャンペーンに対して以下の処理が行われます。

  • オーディエンス拡張: この機能では、陣内氏が手動で選択したオーディエンス セグメントに加えて、「スニーカー セール」のカスタム セグメントや「スポーツ用品」の購買意向の強いセグメントなどの類似セグメントが含まれます。
  • 最適化されたターゲティング: リアルタイムのコンバージョン データに基づき、コンバージョンに至ったユーザーに類似したプロファイルを作成することで、コンバージョンに至る可能性の高いユーザーにリーチを拡張します。そのデータには、ランニング シューズの特定のブランドの Google 検索や、人気のあるスポーツウェアのウェブサイトのクリックなどが含まれます。陣内氏が手動で選択したオーディエンス セグメントは起点となりますが、最適化されたターゲティングでは、選択されているセグメントの枠外でコンバージョンの獲得を目指します。

 


関連リンク

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー