Google 広告のアカウントとスキルショップのアカウントのリンク設定とリンク解除

個人のスキルショップの認定資格を自社の Google Partners プログラムの要件に反映させるには、Google 広告のアカウントとスキルショップのアカウントをリンクする必要があります。認定資格は Google Partner バッジの要件の 1 つですので、Google 広告のアカウントとスキルショップのアカウントをリンクすることが重要です。

詳しくは、認定資格を認定資格要件に反映させる方法に関する記事をご覧ください。

はじめに

注:

  • スキルショップのアカウントを設定する必要があります。スキルショップのアカウントの設定方法についての詳細
  • 1 つのスキルショップのアカウントは、1 つの Google 広告ユーザーのアカウントにリンクすることをおすすめします。
    • 2 人目のスキルショップのユーザーが同じ Google 広告アカウントのメールアドレスにリンクしようとすると、エラーが発生し、1 人目のユーザーのメールアドレスのリンクを解除するまでリンクできなくなります。
    • 1 つのスキルショップのアカウントを複数の Google 広告アカウントのメールアドレスにリンクすることは可能です(管理画面には [他 N 人のユーザーと共有中] と表示されます)が、カウントされるのは 1 セットの認定資格のみです。
  • 個人のメールアドレスを使用してスキルショップのアカウントを取得し、Google 広告で会社のメールアドレスにリンクすることをおすすめします。そうすれば、転職後も認定資格を引き継ぐことができます。

手順

Google 広告のアカウントとスキルショップのアカウントをリンクする

  1. まず、スキルショップのアカウントの [プロフィールを編集] ページに移動します。ページにアクセスするには次の 2 つの方法があります。
  2. スキルショップにアクセスしてログインします。スキルショップの個人アカウント(または認定資格の取得に使用しているアカウント)でログインしてください。
  3. 画面右上にあるプロフィール写真をクリックします。[プロフィール] をクリックします。プロフィール写真の下にある [プロフィールを編集] をクリックします。
  4. [自分のスキルショップ アカウントの情報を所属会社と共有する] までスクロールします。
  5. [Google 広告アカウントを接続する] ボタンをクリックして、Google 広告アカウントで使用しているメールアドレスを選択し、Google 広告の認定資格が Google 広告アカウントに反映されるようにします。
  6. データ共有契約を確認します。[同意して続行] をクリックします。
  7. Google 広告 MCC アカウントにログインするか、Google 広告 MCC アカウントへのアクセスに使用しているメールアドレスを選択します。

Google 広告アカウントに再度ログインし、[パートナー プログラム] タブのユーザーの認定資格の表に移動すると、更新されたリンク ステータスを表示できます。

リンク ステータスを確認する

  1. Google 広告 MCC アカウントにログインします。
  2. 左側のナビゲーション バーで [パートナー プログラム] タブをクリックします。
  3. バッジ ステータス カードの [詳細を表示] をクリックします。
  4. 要件セクションのバッジ ステータス ページで認定資格の行を見つけて、[ユーザーを表示] をクリックします。
  5. ユーザーの認定資格ページに移動すると、ユーザーのリストとそのリンク ステータスが表示されます。Google 広告 MCC アカウントにログインしている場合、この表のかっこ内に表示されるメールアドレスは、Google 広告アカウントにリンクしたスキルショップのユーザー アカウントです。

Google 広告のアカウントとスキルショップのアカウントのリンクを解除する

  1. スキルショップの個人アカウントにログインします。
  2. 画面右上にあるプロフィール写真をクリックします。[プロフィール] をクリックします。プロフィール写真の下にある [プロフィールを編集] をクリックします。
  3. [スキルショップのアカウント情報を共有] まで下にスクロールします。
  4. [Google 広告アカウントに接続] ボタンの下に [Google 広告] とメールアドレスが表示されます。
  5. x [アイコン] をクリックして、アカウントのリンクを解除します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。