コンバージョン重視の TrueView アクション キャンペーンを最適化するおすすめの方法

TrueView アクションを使用すると、コンバージョンに至る可能性の高いユーザーの購入意向を引き出す動画広告を作成できます。TrueView アクション キャンペーンを最大限に活用するには、この記事のヒントを参考にしてください。

TrueView アクション キャンペーンを設定する

1 週間(3~7 日間)以内にコンバージョンを獲得して、2 週間以内に安定したコンバージョン単価(CPA)を割り出せるようにキャンペーンを設定します。方法は次のとおりです。

  • まず、発生する頻度が高くウェイトの軽いコンバージョン イベントを重視した最適化を行います。キャンペーンで「購入の促進」を目標としているものの、商品が頻繁に購入されていない場合は、「カートに追加」などのイベントを重視した最適化を行います。
  • コンバージョン数の最大化」という Google の自動入札ソリューションを使用して、指定した予算の範囲内でコンバージョンをできるだけ多く獲得します。
  • 1 日の予算として、ディスプレイ キャンペーンの場合はコンバージョン単価の 20 倍の額、検索キャンペーンの場合はコンバージョン単価の 30 倍の額を設定します。ディスプレイまたは検索キャンペーンでコンバージョン単価のベンチマークを指定していない場合は、TrueView アクション キャンペーンで目標とするコンバージョン単価の 10 倍以上の額を予算に設定します。
  • まずはカスタム インテントおよびリマーケティング オーディエンスをターゲットとするキャンペーンを開始します。カスタム インテント オーディエンスをターゲットとするキャンペーンでは、検索キャンペーンで最もコンバージョン数の多いキーワードを 300〜500 個使用します。
  • クリエイティブのパターン(できれば 5 個以上)を配信します。クリエイティブは次のようなものにします。
    • 行動を促す明確なフレーズ(CTA)を含める: 「詳細を見る」、「申し込む」、「今すぐ購入」といったフレーズを使用します。
    • 問題を明確化することから開始する: 最初の 5~10 秒間で解決すべき問題を明確に示し、自社の商品やサービスによる解決方法を提示して、関心を引き付けます。
    • 商品やサービスを繰り返し提示する: 行動を促すフレーズを、ナレーションで読み上げたり動画にテキストで表示したりして繰り返します。

詳しくは、TrueView アクション キャンペーンの作成に関する記事をご覧ください。

掲載結果を測定する

掲載結果を 1 週間(3〜7 日間)にわたって確認してから最適化を行います。

  • コンバージョンが発生しない場合:
    • Google 広告のコンバージョン トラッキングが適切に設定されていることを確認します。コンバージョン トラッキングの詳細
    • カスタマー マッチまたは購買意向の強いオーディエンスをターゲットとする広告グループを新しく作成して、オーディエンスの範囲を広げます。
    • コンバージョン達成の目安となる期間に応じて、別のコンバージョン イベントを使用するか、計測期間を延長することを検討します。
  • キャンペーンで予算を使い切っていない場合:
    • カスタマー マッチまたは購買意向の強いオーディエンスをターゲットとする広告グループを新しく作成して、オーディエンスの範囲を広げます。
  • コンバージョン単価が高すぎる場合:
    • コンバージョン達成の目安となる期間に応じて、別のコンバージョン イベントを使用するか、計測期間を延長することを検討します。
    • 別のオーディエンスをターゲットとする広告グループを作成して、コンバージョンに至る可能性がより高いユーザーを獲得できるよう最適化します。
    • さまざまな広告のパターンをテストして、コンバージョン率が高まるようにテキスト(広告見出しや行動を促すフレーズなど)や動画自体を変更します。

目標コンバージョン単価制に移行する

次の条件を満たしたら、キャンペーンを目標コンバージョン単価(tCPA)制に移行して、同じコンバージョン単価でより多くのコンバージョンを獲得できるようにします。

  • 期間: キャンペーンを 14 日間以上にわたって掲載している。
  • ボリューム: 過去 7 日間に、キャンペーンで 1 日あたり 5 件以上のコンバージョンを獲得している。
  • 安定性: 過去 7 日間に、キャンペーンの 1 日のコンバージョン単価が 20% 以上変動していない。

目標コンバージョン単価制を最大限に活用する方法は次のとおりです。

  • 目標コンバージョン単価を、「コンバージョン数の最大化」キャンペーンのコンバージョン単価か、ディスプレイ キャンペーンのコンバージョン単価の 1〜2 倍または検索キャンペーンのコンバージョン単価の 2〜3 倍の額に設定します。キャンペーンの 1 日の予算を、目標コンバージョン単価の 20 倍以上の額にします。
  • キャンペーンで予算の全額を使い切れなくなっている場合:
    • ライフイベント ターゲティングや、購買意向の強いオーディエンスに基づくターゲティング、またはコンテンツ ターゲットを使用した広告グループを新たに追加します。
    • オーディエンスに関するすべての制限を取り除き、目標コンバージョン単価に基づく入札戦略を使ってコンバージョンを増やして、収益性の高いコンバージョンを獲得します。目標コンバージョン単価を達成したキャンペーンの配信を継続します。

TrueView アクション キャンペーンにおける目標コンバージョン単価の最適化のヒント

シナリオ 最適化案 目標コンバージョン単価
キャンペーンの予算を使い切っておらず、目標コンバージョン単価に達している オーディエンスの範囲を広げます。新しいオーディエンスをターゲットとする広告グループを作成して、コンバージョンに至る可能性がより高いユーザーを獲得できるよう個別に最適化するか、ターゲティングを設定しない広告グループを追加し、目標コンバージョン単価の算出対象となるオーディエンスをできる限り広げて、コンバージョンを獲得します。 目標コンバージョン単価を徐々に 10%〜15% 程度引き上げて、配信を改善します。
キャンペーンの予算を使い切っておらず、目標コンバージョン単価を上回っている オーディエンスを変更します。別のオーディエンスをターゲットとする広告グループを作成して、コンバージョンに至る可能性がより高いユーザーを獲得できるよう最適化します。 目標コンバージョン単価を据え置きます。
キャンペーンの予算を均等に使用していて、目標コンバージョン単価を上回っている オーディエンスを絞り込みます。現在幅広いオーディエンスを設定している場合は、コンバージョンに至る可能性が高いと考えられるオーディエンスを複数組み合わせることを検討します。 コンバージョン数を確認しながら、目標コンバージョン単価を徐々に 10%〜15% 程度引き下げます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。