TrueView アクションで成果を高める新たな手段

2019 年 2 月 5 日

2019 年 2 月より、コンバージョン数の最大化の入札戦略が、TrueView アクションをご使用のすべての広告主様にご利用いただけるようになります。このスマート自動入札戦略では Google の機械学習を利用し、設定に多くの労力を費やすことなく、キャンペーンの予算内でできるだけ多くのコンバージョンを獲得できるようになります。このため、コンバージョン数の最大化では、ウェブサイトでのアクションのうちお客様のビジネスにとって重要なもの(旅行の予約、試乗の予約、詳細の問い合わせなど)を簡単かつ効率的に発生させることができます。

TrueView アクションを初めて運用される場合や、短期集中型のキャンペーンをお考えの場合、入札戦略「コンバージョン数の最大化」は効果的な選択肢と言えます。また、キャンペーンのコンバージョン数が入札戦略「目標コンバージョン単価」の推奨ライン(50 件 / 週)に届かない場合にもおすすめです。

動画キャンペーンで投資収益率の目標を設定している場合は、目標コンバージョン単価を使用することをおすすめします。コンバージョン数の最大化と同様に、目標コンバージョン単価制ではオークションごとに自動的に入札単価が設定されますが、コンバージョンを最大化するために予算の全額を使用するのではなく、設定した目標コンバージョン単価でコンバージョンを増やすことが目標になります。

TrueView アクションでコンバージョン数の最大化や目標コンバージョン単価制を使用する方法は、こちらをご覧ください。

Posted by Nicky Rettke - YouTube 広告プロダクト マネジメント担当ディレクター

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。