広告が検索結果に表示されない

広告は、関連するキーワードで検索が行われたときに必ず表示されるわけではありません。広告が表示されるかどうかは、お客様の予算や、同じ検索フレーズで競合する他の広告主の広告など、さまざまな要因に基づいて決まります。

広告が顧客に表示されていることを確認するには(毎回表示されない場合でも)、広告の統計情報をご覧ください。広告がクリックやインプレッションを獲得していない場合、以下のような原因が考えられます。

  • 広告の掲載地域: 広告は、指定した地域の顧客に表示されます。選択した場所がお客様の所在地と異なる場合は、検索しても広告を見つけることができません。その場合は、広告プレビュー ツールを使用すると、ターゲットに指定した地域で検索を行って広告をプレビューできます。広告が表示される場所の詳細をご確認ください。

  • 広告が一時停止または無効化されている: 広告を掲載するには、広告が有効(一時停止や無効ではない状態)でなければなりません。

  • 検索回数が多すぎる: Google でご自身のビジネスを検索し、表示された広告をクリックしない行為を繰り返すと、やがて広告が表示されなくなる可能性があります。Google のシステムが、お客様のパソコンで広告が表示されなかったことを認識し、このユーザーは広告に関心がないと判断するからです。広告が Google の検索結果にどのように表示されるかを確認する場合は、広告プレビュー ツールをご利用ください。

  • 請求とお支払い: ツールアイコン をクリックしてから、[請求とお支払い] をクリックし、広告掲載を停止させた請求エラーを確認します。たとえば、クレジット カードが不承認となっている場合や有効期限が切れている場合、または前回ご入金いただいた資金をすべて使い切った場合は、広告が掲載されません。

  • 予算不足または予算制限: Google 広告では 1 日の平均予算を設定し、その額に 1 か月の日数を掛けた金額が 1 か月の予算の上限になります。実際の費用は毎日変動するため、1 か月の予算が上限を超えることがないよう、日によって 1 日の予算が低く抑えられる場合があります。そして、広告は掲載費用が 1 日の予算か 1 か月の予算に達した時点で掲載されなくなります。

  • 広告が審査中か不承認となっている: 広告は不承認となった場合も掲載されないため、不承認の通知メールが届いていないかご確認ください。このメールには、広告が不承認となった原因の解決方法が記載されている場合もあります。メールを探す際は、迷惑メールのフォルダもご確認ください。

  • 入札: 目標インプレッション シェアは、Google 検索結果ページの最上部、上部、または任意の場所に広告が表示されるように、自動的に入札単価を設定する入札戦略です。目標インプレッションシェアの使用も可能ですが、クリック数やコンバージョン数の増加を目標にしている場合は、代わりに目標コンバージョン単価(CPA)を使用することをおすすめします。

ヒント

スマート アシスト キャンペーンを実施している場合は、広告をプレビューする方法が少し異なります。詳しくは、スマート アシスト キャンペーン広告を Google 検索結果ページでプレビューする方法をご覧ください。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。