損失した来店数のレポートを設定する

損失した来店数のレポートでは、Google 広告での広告掲載件数のうち、お客様の実店舗へ来店する可能性があった見込み顧客にリーチする機会を逃した件数を確認できます。このレポートには、お客様の広告が掲載されなかった際に、他の広告主様の広告が関連するローカル検索に対して掲載された結果獲得した検索クエリ数、クリック数、来店数が表示されます。この情報を活用して予算や入札単価を最適化することで、このような機会損失の一部を回復できます。

損失した来店数のレポートを利用できるのは対象となる広告主様に限られます。

損失した来店数のレポートを設定する方法

  1. Google 広告にログインします。
  2. 左側のナビゲーション パネルで、[検索キャンペーン] をクリックします。
  3. 左側のページメニューで [地域] を選択します。
  4. 上のサブページ メニューで地域別レポートのプルダウン メニューをクリックして、損失した来店数のレポートを選択します。

表示される掲載結果について

損失した来店数のレポートは次の指標を表示します。

列名 意味
損失したクエリ数

お客様に関連するローカル検索クエリです。このクエリでは、お客様の広告が表示されなかった一方で、他の広告主様の広告が表示された回数がわかります。

損失したクリック数 お客様の広告が表示されなかったクエリで、他の広告主様の広告で発生したクリック数がわかります。
損失した来店数 お客様の広告が表示されなかった際に損失したクリックに関して、そのクリックによって他の広告主様の実店舗へ足を運んだ来店者数がわかります。

関連するローカル検索で広告が表示されるようにするには、地域に基づく入札単価調整などの機能を使用して、店舗周辺の顧客にリーチする可能性を増やします。また、キャンペーンが予算による制限を受けないようにしてください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。