目標インプレッション シェアに基づく入札について

目標インプレッション シェアは、検索結果の上部の広告の 1 つ、上部の広告の最上位、または他の場所に広告が表示されるように、入札単価を設定する自動入札戦略です。1 つのキャンペーンの標準入札戦略として使用することも、複数のキャンペーンにまたがるポートフォリオ戦略として使用することもできます。この記事では、目標インプレッション シェアに基づく入札の仕組みと設定について説明します。

はじめに

どの自動入札戦略を使用すればよいかわからない場合は、まず自動入札機能についてをご覧ください。

仕組み

目標インプレッション シェアは、ブランド キーワードを使うキャンペーンに効果的です。たとえば、ユーザーがブランドを検索した際に広告が 100% 表示されるようにしたい場合は、目標インプレッション シェアは 100% に設定でき、そのキャンペーンのオークションで 100% お客様の広告を表示するようになります。この入札戦略はブランド認知度の向上にも効果的です。また、たとえば地域密着型のシューズストアの広告を掲載していて、大手シューズストアと競合している場合なら、目標インプレッション シェアに集中して、ユーザーが近くで重要な検索を行っているときに自分のブランドが表示されるようできます。

目標インプレッション シェアはどんな状況でも適用できるというわけではありません。ご自分のキャンペーンの目標に合わせて入札戦略を調整してください。

: 目標インプレッション シェアは、検索パートナーを除く Google 検索ネットワークのみを対象として含みます。

設定

プレースメント

目標インプレッション シェアには、広告を表示する場所として以下の 3 つの選択肢があります。

  • 上部 - 上位のオーガニック検索結果の周りに表示される広告。通常、上部の広告は上位のオーガニック検索結果の上に表示されますが、上位のオーガニック検索結果の下に表示されることもあります。上部の広告の掲載順位は動的であり、ユーザーの検索語句に応じて変化する場合があります。
  • 最上部 - 上部の広告の中で一番上に表示される広告。
  • 任意の場所 - 検索結果の任意の場所。

Google 広告では、プレースメントの設定に基づいて、広告を表示するための入札単価が設定されます。たとえば、ページ最上部インプレッション シェアの目標を 65% に設定した場合、広告がページ最上部に表示される可能性があった合計回数のうち 65% で広告がページ最上部に表示されるようにクリック単価が設定されます。

入札単価の上限 / 下限

上限クリック単価は、この入札戦略で設定された入札単価の上限です。この上限を低く設定しすぎないことが重要です。上限の設定が低すぎる場合、戦略で設定された入札単価が制限され、インプレッション シェアの目標を達成できなくなることがあります。

入札単価調整と目標インプレッション シェア

入札単価調整を使用すると、ユーザーが検索を行う場所、時間、方法に応じて、広告を表示する頻度を調整できます。目標インプレッション シェアでは、リアルタイムのデータに基づいて入札単価が最適化されるため、既存の入札単価調整は使用されません。なお、デバイスに広告が表示されなくなるように、デバイスの入札単価調整を -100% に設定することはできます。既存の入札単価調整は使用されないため、削除する必要はありません。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
Achieve your advertising goals today!

Attend our Performance Max Masterclass, a livestream workshop session bringing together industry and Google ads PMax experts.

Register now

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー