レポートの作成時間を短縮できる、新しい Google 広告アドオンを Google スプレッドシートで使用する

2018 年 7 月 13 日

Google スプレッドシートで Google 広告アドオンを使うと、レポートの作成時間を短縮できます。

たとえば、Google 広告のデータを CSV 形式でダウンロードして、お客様独自のデータに結合する必要があるとします。そのためにはデータを頻繁にダウンロードして更新する必要がありますが、これは単調で時間がかかる上に間違いの起こりやすい作業です。

Google 広告アドオンを使うと、この手順を短縮、簡略化できます。アドオンを使う場合、レポートを一度作成するだけで済み、数回のクリックで直接スプレッドシート内のデータを簡単に更新でき、リンクされたレポートも自動的に更新されます。これにより、データをダウンロードしてコピーし、スプレッドシートに貼り付けるという、毎日、毎週の面倒な作業を省くことができます。

これは Google スプレッドシートで行うことができるため、(データを共有するユーザーとの)作業データの共同作業や閲覧が迅速に行えるようになります。

たとえば、日次レポートを実行して、予算目標に対する消化ペースの進捗をモニタリングすることができます。

以下は、Google スプレッドシートで Google 広告アドオンを使って取得できるデータの表示例です。
 

Google スプレッドシートの Google 広告アドオン

 

その後、それぞれのタブで vlookup を使って、このデータをお客様独自の費用目標データと結合します。

Sumif(またはクエリ関数)と条件付き書式を使うと、以下の表のように、管理と顧客向けレポートでより視覚的にデータを表現することができます。

 

 

また、Google 広告アドオン機能で sumifs の文やクエリ関数を使うと、レポート作成をより自動化することができます。以下にいくつか例を示します。

  • 期間による比較表。 アドオンは同じシート内の複数のタブに実装できます。たとえば、それぞれに異なる 2 つの期間のデータを分析するとします。アドオンは、期間ごとに分けられた 2 つのタブに別々に実装できます。それから、これら 2 つの期間から分析データを取得し、レポート用の第 3 のタブに取り込むことが可能です。
  • 統合レポート。 importranges を使うと、各レポートからデータを取得できます。数多くの小さなレポートから集めた結果をまとめて、概要レポートを作成することが可能です。
  • 最後に、このアドオンを使うと、スプレッドシートの高度な機能をレポートに組み込むことができます。たとえば、OpenSolver アドオンを使うことで、インプレッション シェアと掲載結果データを使って予算を算出することが可能です。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
運用ガイド ニュースレター配信に登録しましょう

Google 広告の運用ガイド ニュースレターは、Google 広告開発チームの承認の下、キャンペーンを最大限に活用するための実践的なアドバイスや戦略をご紹介しています。

登録

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
16610307231567600304
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
73067
false