ローカル アクションのコンバージョンについて

広告と接触中または接触後のユーザーが、広告主様の物理的なビジネス拠点(実店舗など)に直接関係するアクションを完了した場合、ローカル アクションのコンバージョンを達成したと見なされます。ローカル アクションのコンバージョンは、Google のプロダクトやサービス(たとえば Google マップ)上で発生するため、Google 広告によって自動的に定義されます。ローカル アクションのコンバージョン データは、匿名の集計済みデータになります。

こういったローカル アクションに関連付けられたコンバージョンを記録している場合、そのデータは広告主様定義の他のコンバージョン アクションとともに、コンバージョン アクションの表に表示されます。また、Google 広告のどのレポートでも、[すべてのコンバージョン] 列でコンバージョン アクションによる分割表示を行うと、同様のコンバージョン データを表示できます。なお、ローカル アクションに関連付けられたコンバージョンは、「コンバージョン列に含める」設定がデフォルトでは有効になっていません。

ローカル アクションは次の 6 種類に分けられます。

  1. 通話ボタンをクリック: 広告との接触後、Google の場所ベースの広告やサービスで通話ボタンがクリックされることを指します。
  2. ローカル アクション - 経路: 広告との接触後、Google の場所ベースの広告やサービスでルート案内ボタンがクリックされることを指します。
  3. ローカル アクション - ウェブサイトの訪問: 広告との接触後、Google の場所ベースの広告やサービスで、ウェブサイトへのリンクがクリックされることを指します。
  4. ローカル アクション - その他のエンゲージメント: 広告との接触後、Google の場所ベースの広告やサービスで、トラッキング対象となっているその他のユーザー行動(例: 場所の共有、保存などのボタンのクリック)が発生することを指します。
  5. ローカル アクション - 注文: 広告との接触後、Google の場所ベースの広告やサービスで注文ボタンがクリックされることを指します。
  6. ローカル アクション - メニューの表示(業種固有): 広告との接触後、Google の場所ベースの広告やサービスで、メニューへのリンクがクリックされることを指します。

関連リンク

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。