一般データ保護規則(GDPR)について

一般データ保護規則(GDPR)は、2018 年 5 月に施行されるヨーロッパの新しいデータ保護法です。

GDPR はヨーロッパの規則ではありますが、オンライン広告サービスを利用されているヨーロッパ以外の多くの法人にも影響いたします。GDPR の詳細やご自身のビジネスへの影響については、自社の法務部門や顧問弁護士などにお問い合わせください。
 
Google 広告の一部の機能では、以下の連絡先情報を提供するよう求められます。

  • メインの連絡先 / メインの担当者 [省略可]: 通知の送信先となるメインの連絡先です。
  • データ保護責任者 [省略可]: 組織が GDPR の要件に準拠していることを確認する責任を負う人物です。組織にデータ保護担当者がいる場合は、データ保護担当者の詳細を追加してください。
  • EU 担当者 [省略可]: EU 担当者がいる場合は、担当者の詳細を追加してください。
     

また、データに関する Google のプライバシー ポリシーと取り組みについては、privacy.google.com/businesses をご参照ください。使用している Google 広告の機能に必須ではない場合でも、必要に応じて、上記の連絡先情報を入力できます。上記の連絡先情報を必要とする Google 広告の機能について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

Google 広告で連絡先情報を追加、確認、編集する方法

Google 広告クライアント センター(MCC)アカウントや広告を配信中のアカウントを含むすべてのアカウントでは、必要に応じて、この連絡先情報を入力できます。Google 広告でこの連絡先情報を追加、確認、編集する手順は、以下のとおりです。

  1. Google 広告にログインします。
  2. [ツール] メニューの [設定] セクションで [各種設定] をクリックします。
  3. [アカウントの設定] ページで、ページを下にスクロールして [データ保護に関する連絡先] タブをクリックします。
  4. 連絡先情報を追加または編集し、[保存]をクリックします。
     

GDPR における法律および規制ガイダンス関連情報

GDPR およびオンライン広告への適用についての詳細:

広告配信における Cookie 使用の同意に関する規制ガイダンス:

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。