アウトストリーム動画広告キャンペーンについて

アウトストリーム広告は、パートナー サイトの見込み顧客に表示するモバイル専用動画広告です。

これらの広告は、より多くのユーザーに動画を表示することでブランド認知度を高めるために役立ちます。アウトストリーム広告は、モバイルとタブレット向けに設計されているため、最新のニュースのチェックやショッピングの最中に、タップして動画広告を再生したり、スクロールして広告を飛ばしたりすることができます。

この記事では、アウトストリーム動画広告キャンペーンの仕組みについて説明します。

仕組み

アウトストリーム動画広告は、パートナー サイトや YouTube 外のアプリに表示されるモバイル専用の広告で、アプリ内またはページのコンテンツ内で再生されます。

広告は、画面に表示されると自動的にミュートの状態で再生されます。タップすれば、ミュートを解除できます。また、表示された広告をスクロールして飛ばしたり、閉じたりすることもできます。

広告が表示される場所

アウトストリーム広告は、モバイル端末およびタブレット端末向けの Google 動画パートナー サイト(アプリ、モバイルサイト)に表示されます。

費用

アウトストリーム広告では、視認範囲のインプレッション単価(vCPM)に基づいて料金が発生します。料金が発生するのは、広告が視認可能な場合のみです。

広告が「視認可能」と見なされるのは、広告の面積の 50% 以上が見える状態で、動画広告が 2 秒以上連続して再生された場合です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。