Google によるリマーケティング データの使用について

Google 広告でリマーケティングを行うと、ウェブサイトやアプリに設置されたグローバル サイトタグ、イベント スニペット、またはリマーケティング タグを通じて広告主様が Google と共有した顧客データに基づき、広告主様の顧客に広告を表示できるようになります。ここで重要なのが、広告主様が Google と共有したリマーケティング データの機密性とセキュリティの確保です。リマーケティングのために収集され使用されるデータの種類には、タグヒットをトリガーするウェブサイトの URL と参照 URL、トラッキング タグで使用されるカスタム パラメータ、結果として得られるリマーケティング リストのメンバーなどが含まれます。

この記事では、Google 広告でリマーケティングに使用するために広告主様が送信されたデータを Google がどのように取り扱うかについて説明します。

カスタマー マッチで送信されたデータを Google がどのように取り扱うかについては、「Google によるカスタマー マッチ データの使用について」をご覧ください。コンバージョン トラッキングのために送信されたデータを Google がどのように使用するかについては、「Google によるコンバージョン イベント データの使用」をご覧ください。

Google によるデータの使用

リマーケティング データは、ユーザーと Google アカウントの照合、リマーケティング リストへのユーザーの追加、類似ユーザーリストの生成、ダイナミック広告の表示、および広告主様の Google 広告リマーケティング キャンペーンが Google のポリシーに準拠していることの確認に使用されます。また、ユーザーのデータを含むレポートは、Google 広告アカウントおよび広告主様のユーザーを共有した他のアカウントでも使用できます。

Google では、リマーケティング データを使用してキャンペーンの掲載結果を改善することもあります。たとえば、全体的な ROI の向上を目的として、自動入札戦略の入札単価を最適化するために、過去のコンバージョン データとリマーケティング データの両方を使用します。またリマーケティング データを使用すると、特定の入札単価とターゲティング戦略を使用している場合に、キャンペーンでオーディエンスを適用しなくても掲載結果を向上させることができます。また、Google では、リマーケティング データを使用して、広告主様にとって関連性の高い他のユーザーを特定したり、リマーケティング リストの作成について理解を深めるためのヒントを提供したりすることもあります。さらに Google では、類似オーディエンスを改善するなど、すべての広告主様にとって役立つように、集約化および匿名化されたリマーケティング データを使用しています。

最後に、広告主様の許可なしに、リマーケティング リストが第三者または他の広告主様と共有されることはありません。また、Google は広告主様のリマーケティング リストを使用して自社サービスを宣伝することはありません。

Google での広告主様のデータの取り扱いについて

Google では、リマーケティング データの機密性と安全性を確保するため、Google ユーザーのデータの保護に適用しているものと同じ業界最先端の基準を採用しています。

Google ではリマーケティング データを次のように取り扱っています。

  • アクセス: Google では、社員のアクセス権を管理して広告主様のデータを不正アクセスから保護しています。
  • 共有: Google では、広告主様から明確な同意を得ることなく、他の広告主様を含む第三者とリマーケティング リストを共有することはありません。ただし、適用される法律、規制、法的手続き、または強制執行可能な行政機関の要請に応じるためにデータを共有する可能性があります。
  • 保持: 広告主様が指定した期間(1〜540 日)に基づいて、リマーケティング リスト内のユーザーを保持します。適用される法律に基づいて、期間の制限に準拠する責任は広告主様にあります。場合によっては、Google 広告で生成されるリストは最低でも 30 日間、保持されることがあります。最後に、タグイベントのリマーケティング データは、ポリシー準拠の取り組みをサポートし、新しく作成されたリマーケティング リストに自動入力されるようにするために、約 30 日間保存されます。

Google では、リマーケティング データの保存に使用するシステムについても、安全性と信頼性の確保に取り組んでいます。Google では、外的な脅威からシステムを保護するための専任のセキュリティ エンジニアリング チームを設置しています。

データ セキュリティに関する認証

プライバシー シールド

Google のプライバシー シールド認証は、米国商務省により承認されています。

プライバシー シールド フレームワークは、貿易取引に伴い EU 加盟国およびスイスから米国に個人情報を移転する際に、データ保護要件に準拠するためのメカニズムとして策定されました。Google は、EU と米国間、およびスイスと米国間のプライバシー シールド フレームワークに準拠しています。プライバシー シールドの認証をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。