通話応答数のトラッキングに関するトラブルシューティング

ここではスマート アシスト キャンペーンの通話応答数に関するよくある質問を紹介します。見出しをクリックすると、詳しい情報が表示されます。

営業時間外に着信がある

多くのビジネスは営業時間外にかかってくる重要な通話を逃さないように、ボイスメール システムや留守番電話、電話代行サービスなどを利用しています。

ボイスメールや電話代行サービスを使用せず、営業時間外の通話を受けることがない場合、そうした通話は応答数として記録されず、料金も発生しません。

広告に表示される電話番号が間違っている

通話応答数のトラッキングを有効にすると、広告には AdWords 専用転送電話番号が割り当てられます。スマート アシスト キャンペーンの AdWords 専用転送電話番号は、キャンペーンの広告が Google 検索(PC 版またはモバイル版)に掲載されたときに表示されます。この番号への着信はお客様の店舗や会社の電話番号に転送され、受信した通話数の測定が可能になります。

広告に AdWords 専用転送電話番号が表示されない

通話応答数のトラッキングは、広告に一定数以上のクリックが発生してから有効になります。この機能が有効になると、AdWords 専用転送電話番号が広告に割り当てられ、スマート アシスト キャンペーンのダッシュボードに「通話数」が表示されるようになります。

通話応答数のトラッキングが有効になっているにもかかわらず、広告に AdWords 専用転送電話番号が表示されない場合は、次のような原因が考えられます。

  • Google 検索と Google マップの違い: AdWords 専用転送電話番号は、モバイルまたは PC 版の Google 検索結果に広告が掲載される場合にのみ表示されます。現在のところ、Google マップは通話応答数のトラッキングの対象外となっています。
  • 検索ボリュームが少ない: 検索ボリュームが極端に少ない検索フレーズに対しては、AdWords 専用転送電話番号が割り当てられないことがあります。
  • 広告で通話応答数のトラッキングを有効にしていない: 通話応答数のトラッキングは、ビジネス単位ではなく広告単位で有効にします。つまり、複数の広告を掲載している場合は、通話応答数のトラッキングを有効にした広告にのみ転送電話番号が表示され、有効にしていない広告では表示されません。

通話数が予測を下回っている

通話数の記録を左右する要因としては、次のようなものが考えられます。

  • Google 検索と Google マップの違い: 通話応答数は、Google 検索に広告を掲載しているスマート アシスト キャンペーン経由の通話のみカウントします。現在のところ、Google マップは通話応答数のトラッキングの対象外となっています。
  • 検索ボリュームが少ない: 検索ボリュームが極端に少ない検索フレーズに対しては、AdWords 専用転送電話番号が割り当てられないことがあります。
  • 広告で通話応答数のトラッキングを有効にしていない: 複数の広告を掲載している場合は、通話応答数のトラッキングを有効にした広告のみ通話数がカウントされます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。