報告通話数に関するトラブルシューティング

ここではスマート アシスト キャンペーンの報告通話数に関するよくある質問を紹介します。見出しをクリックすると、詳しい情報が表示されます。

営業時間外に着信がある

営業時間外にかかってくる重要な通話を逃さないように、多くのビジネスはボイスメール システムや留守番電話、電話代行サービスなどを利用しています。

ボイスメールや電話代行サービスを使用しておらず、営業時間外の着信に応答しなかった場合、その着信は報告通話数データには残らず、料金も発生しません。

広告のスケジュール設定を使用すれば、営業時間外に広告が表示されないようにすることができます。広告のスケジュール設定に関する詳細

広告に表示される電話番号が間違っている

報告通話数をオンにすると、広告に Google 広告専用転送電話番号(GFN)が割り当てられます。GFN は、Google 検索(PC 版またはモバイル版)に掲載されるスマート アシスト キャンペーンの広告に表示されます。この番号への着信はお客様の店舗や会社の電話番号に転送され、受信した通話数が測定されます。

Google 広告専用転送電話番号(GFN)が広告に表示されない

報告通話数は、広告が一定のクリック数を獲得してから有効になります。報告通話数が有効になると、広告に Google 広告専用転送電話番号が割り当てられ、スマート アシスト キャンペーンのダッシュボードに通話数データが表示されるようになります。

報告通話数が有効になっているにもかかわらず、広告に Google 広告専用転送電話番号が表示されない場合、次のような理由が考えられます。

  • Google 検索と Google マップの扱いの違い: GFN は、Google 検索(PC 版またはモバイル版)に掲載される広告にのみ表示されます。Google マップからの通話は現在のところ対象外です。
  • 検索ボリュームが少ない: 検索ボリュームが少ない検索語句に対しては、GFN が割り当てられないことがあります。
  • 広告で報告通話数が有効になっていない: 報告通話数機能は、ビジネス単位ではなく広告単位で有効にします。複数の広告を運用している場合、転送番号が表示されるのは報告通話数を有効にした広告だけで、それ以外の広告には表示されません。

通話数が想定より少ない

報告通話数が少ない場合、次のような理由が考えられます。

  • Google 検索と Google マップの扱いの違い: 報告通話数の対象となるのは、Google 検索に表示されたスマート アシスト キャンペーンの広告を通して得られた通話のみです。Google マップからの通話は現在のところ対象外です。
  • 検索ボリュームが少ない: 検索ボリュームが少ない検索語句に対しては、GFN が割り当てられないことがあります。
  • 報告通話数が有効になっていない広告がある: 複数の広告を運用している場合、通話データが記録されるのは報告通話数を有効にした広告だけで、それ以外の広告は対象となりません。
: Google 広告専用転送電話番号は、この機能が利用可能なすべての国において、割り当てられた電話番号を使う新しいスマート アシスト キャンペーンで必須です。GFN を利用可能な国の一覧をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false