スマート アシスト キャンペーンの検索フレーズ

注: ユーザーによっては、検索フレーズは少なくとも 1 回表示されるまでは [検索フレーズ] カードに入力されません。これらのユーザーの場合、表示回数がゼロの検索フレーズは [検索フレーズ] カードには表示されません。 

 

  • 検索フレーズとはお客様のビジネスの内容を表す語句であり、これに基づいて見込み顧客に広告が表示されます。
  • スマート アシスト キャンペーンのダッシュボードでは検索フレーズとその成果を確認できます。

検索フレーズの仕組み

検索と広告のマッチングの仕組み

スマート アシスト キャンペーンの申し込むときや作成するときには、取り扱っている商品やサービスを選択します。ここで選択した内容に基づいて関連する語句が広告に割り当てられますが、これが「検索フレーズ」です。広告に関連付けられた検索フレーズを、ターゲット地域内のユーザーが Google または Google マップで検索すると、スマート アシスト キャンペーンの広告が掲載候補となります。広告が表示されると、ビジネスに顧客を呼び込むチャンスです。

広告に検索フレーズを追加することはできません。ただし、あまり有効ではない検索フレーズが割り当てられている場合は、以下の手順に沿って削除できます。必要に応じて、商品やサービスの選択を見直し変更することも検討してください。検索フレーズの改善のため、その成果は定期的に分析され、フィードバックの収集も行われます。

スマート アシスト キャンペーンでペットショップを宣伝しており、検索フレーズとして「ペットフード」や「ペット用品」などの語句が割り当てられているとします。この場合に、「ペットショップ」を使って Google 検索が行われると、スマート アシスト キャンペーンの広告が掲載されます。

広告と検索フレーズのマッチングの仕組み

お客様の広告は、割り当てられた検索フレーズだけでなく、その関連語句が検索された場合にも表示されるため、より幅広いユーザーにアプローチできます。

たとえば、帽子店の広告に「帽子」という検索フレーズが割り当てられているとします。この広告は「帽子」、「日よけ帽子」、「キャップ」といった関連語句の検索でも表示される場合があります。
現時点で、スマート アシスト キャンペーンではキーワードのマッチタイプを編集できませんが、検索フレーズには必要に応じてマッチタイプが自動的に適用されます。

お店やサービスの名前

お店やサービスの名前は検索フレーズとして設定されるので、名前で検索している見込み顧客にも広告が表示されます。お店やサービスの名前を検索フレーズとして使うことにより、オーガニック検索結果と広告枠の両方に情報が表示され、露出を増やすことができます。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。