ローカル サービス アカウントのアクセス権について

ローカル サービス広告アカウントへのアクセス権を組織内の他のユーザーと共有するには、各ユーザーの Google アカウントを使用してアクセスを許可します。ローカル サービス広告アカウントへのアクセスを許可する際、ユーザーごとに異なるアクセス権を付与して、ユーザーが操作できる機能を選ぶことができます。

アクセス権の付与と削除の手順については、ローカル サービス アカウントへのアクセスを管理するをご覧ください。

アクセス権


アカウントのアクセス権限
 
読み取り専用 標準
通知メールを受信できる Yes Yes
ログインしてレポートを表示できる(費用の詳細を除く) Yes Yes
見込み顧客の表示、顧客への対応、見込み顧客のステータスの更新ができる Yes Yes
プロフィール情報とレビューを閲覧できる Yes Yes
プロフィール情報を編集できる   Yes
予算とお支払い情報を表示および編集できる(レポートで費用の詳細を表示できる)   Yes
既存の Google 広告アカウントに対してローカル サービス アカウントを作成できる   Yes

: Google 広告のメール専用権限と管理者権限は、ローカル サービス広告には適用されません。メール専用アカウントにはローカル サービス広告の読み取り専用権限が付与され、管理者アカウントには標準アカウントと同じ権限が付与されます。Google 広告にログインした場合、もともと設定されていたアクセス権が適用されます。

詳しくは、Google 広告アカウントのアクセス権についてをご覧ください。

クライアント センター(MCC)アカウントへのアクセス

MCC アカウントの管理者権限を持つユーザーは、そのアカウントに関する通知メールを受信したり、そのアカウントやキャンペーンの任意の部分を管理したりできるようになります。また、この MCC ユーザーは他のユーザーのアクセス権を変更でき、場合によっては、アクセス権を取り消すこともできます。

: MCC アカウントは、ローカル サービス広告で直接設定または変更できないため、Google 広告で編集する必要があります。

詳しくは、Google 広告のクライアント センター(MCC)アカウントについてをご覧ください。

請求とお支払いへのアクセス

お支払い手続き、お支払い方法の変更、明細書の受け取りなどの操作を許可するユーザーの選択は、Google お支払いセンターで Google のお支払いプロファイルの登録ユーザーを追加または削除することで管理できます。

注: パートナーのアフィリエイトから広告を掲載する場合、上記の情報は適用されません。詳細
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。