宣伝する商品やサービスについて

  • 広告をどういった検索内容に対して表示するかは、宣伝する商品やサービスをもとに決まります。
  • 提供している商品やサービスが複数ある場合は、それぞれについて広告を用意して別個に宣伝することも可能です。

商品やサービスの情報が果たす役割

Google 広告アカウントの作成時やスマート アシスト キャンペーンの新規作成の際には、宣伝する商品やサービス(たとえば「歯科医」「ヘアサロン」「自動車ディーラー」など)を指定します。

広告の表示対象にする検索フレーズは、指定された商品やサービスをもとに決まるため、業種は正確かつ具体的に指定することが重要です。広告に関連付けられた検索フレーズを、ターゲット半径内のユーザーが Google または Google マップで検索すると、広告を表示して顧客を呼び込むチャンスです。広告が表示されると、ビジネスに顧客を呼び込むのに役立ちます。

商品やサービスの情報を編集する

商品やサービスの情報はいつでも編集できます。商品やサービスの指定内容は、広告の表示対象にする検索フレーズを決める基準となっていることに注意しましょう。指定内容を変更すると、広告表示の対象になる検索フレーズも変更されます。

商品やサービスの情報を変更する手順については、次のリンクをクリックしてご確認ください。

商品やサービスの情報を変更する方法

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 左側のナビゲーション パネルで、閲覧したいスマート アシスト キャンペーンの名前をクリックすると、そのキャンペーンのダッシュボードが表示されます。
  3. 下へスクロールします。[広告設定] セクションにある [商品またはサービス] カードで [編集] をクリックします。
  4. 自社の業種、またはキャンペーンで宣伝する商品やサービスを編集します。
  5. [保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。