オーディエンス マネージャーのオーディエンス リストについて

オーディエンス マネージャーでは、オーディエンス リストでリマーケティング リストの作成と管理を行います。リマーケティング キャンペーンで、YouTube、Gmail、Google 検索、Google ディスプレイ ネットワークを通じてどのユーザーに広告を表示するかを的確に管理できます。オーディエンス ソースを設定すれば、ご自身で作成したオーディエンス リストや Google 広告によって自動作成されたリストのユーザーを対象に、リマーケティングを実施することが可能になります。

メリット

  • すべてのリマーケティング リストが 1 か所に表示されます。
  • 各リストのタイプ、ステータス、有効な各ネットワークでのリーチサイズを確認できます。
  • 広告グループやキャンペーンに簡単にリストを追加できます。
  • 最適な場所とユーザーに広告が表示されるよう設定を調整できます。
  • ラベルを使ってリストを分類し、着目しているデータに絞ってレポートを作成できます。
Google 広告リニューアル版でリマーケティング用の Google 広告タグを設定している場合は、グローバル サイトタグとイベント スニペット(省略可)で構成される新しい Google 広告タグが表示されます。JavaScript を使用してウェブサイトに従来の AdWords タグをインストールしている場合はそのまま使用できますが、新しい Google 広告タグを使用することをおすすめします。詳しくは、Google 広告リマーケティング タグへの変更をご覧ください。

オーディエンス リストの仕組み

Google 広告タグをサイトやアプリに追加すると、ユーザーのデータが収集され、関連するリストにそのユーザーが追加されます。たとえば、あるサンドイッチ店が「ランチのお客様」というリストを作成して、ランチの時間帯にサイトを訪れたユーザーを新しいリマーケティング リストに追加したとします。このリストを「ランチタイム特別」キャンペーンで使用して、リストのユーザーに広告を表示することで、ランチを注文するためにサイトにアクセスするユーザーの数を増やすことができます。詳しくは、ウェブサイト用のリマーケティング リストを作成するをご覧ください。

オーディエンス リストの表示方法

  1. Google 広告にログインします。
  2. 右上にあるツールアイコン をクリックします。
  3. [共有ライブラリ] の下にある [オーディエンス マネージャー] を選択します。
  4. デフォルトで [オーディエンス リスト] ページが表示されます。

リマーケティング リストの構成

オーディエンス リストの表には、リマーケティング リストが一度に最大 50 個表示されます。リスト名や一括操作用のチェックボックスのほか、次の情報も表示されます。

  • [タイプ] には、リマーケティング リストに含まれるユーザーやリストの作成方法が表示されます。
  • [メンバーのステータス] には、リストへのユーザーの追加があるかどうかが表示されます。
  • [サイズ] 列には、それぞれのネットワーク(検索ネットワーク、YouTube、ディスプレイ ネットワーク、Gmail)でリーチ可能なリマーケティング リストのユーザー数が表示されます。
  • [ラベル] を使うと、キーワード、広告、広告グループ、キャンペーン、リマーケティング リストを分類し、関心のあるデータを抽出してレポートを作成できます。

上記のいずれかをクリックすると、表全体がそのカテゴリを基準に並べ替えられます。たとえば、現在使用しているリストとそうでないものを簡単に見分けるには、[使用状況] に基づいてリストを並び替えます。

リスト名の横にあるチェックボックスをオンにすると、青のツールバー メニューが表示され、広告グループやキャンペーンにリストを追加したり、リストを編集したり、ラベルを適用したりできるようになります。複数のリストのチェックボックスをオンにすると、選択したリストをまとめて操作できます。また、表の右上にある、表示項目の変更アイコン 列 をクリックすると、オプションの列を追加できます。

[オーディエンス リスト] 表のリマーケティング リストには、リストの作成方法やリストの作成元となったソースなど、追加の説明文が表示されることもあります。

なお、リストのタイプに注意するだけでなく、サイズの要件も満たすようにしてください。

リマーケティング リストのサイズ

リマーケティング リスト広告の配信の要件は、ターゲット ネットワークによって異なります。

  1. Google ディスプレイ ネットワークをターゲットとする場合、過去 30 日間のアクティブ ユーザー数が 100 人以上であることが必要です。
  2. Google 検索ネットワークをターゲットとする場合、過去 30 日間のアクティブ ユーザー数が 1,000 人以上であることが必要です。
  3. YouTube をターゲットとする場合、過去 30 日間のアクティブ ユーザー数が 1,000 人以上であることが必要です。
  4. Gmail 広告をターゲットとする場合、ディスプレイ ネットワークで過去 30 日間のアクティブ ユーザー数が 1,000 人以上であることが必要です。
  5. ファインド広告をターゲットとする場合、すべてのファインド広告ネットワークで掲載するためには、過去 30 日間のアクティブ ユーザー数が 100 人以上であることが必要です。

リストのタイプ

ウェブサイトの訪問者

ウェブサイト ベースのキャンペーン向けの標準的なリストタイプです。このタイプのリストでは、ウェブサイト上のユーザー行動をトラッキングし、ご自身または Google 広告(自動作成の場合)で指定した条件に一致するユーザーを追加します。条件には、アクセス数、クリック元、クリック先、コンバージョン経路の各段階などを指定できます。グローバル サイトタグをウェブサイトに追加している場合は、このリストタイプを作成できます。一部のウェブサイト用リマーケティング リスト(「すべての訪問者」や「コンバージョンに至ったすべてのユーザー」など)は自動作成されます。詳しくは、自動作成されるリストについてをご覧ください。

顧客リスト

Google 広告のカスタマー マッチ機能に基づいて作成されるリストです。顧客リストを使用すると、顧客から提供された連絡先情報(メールアドレスや郵便番号など)をアップロードして、それらの顧客が Google 検索や YouTube などの Google サービスを使用しているときに広告を表示できます。詳しくは、カスタマー マッチについてをご覧ください。

類似ユーザー

既存のリマーケティング リストのユーザーと正確には一致しないものの、他の行動が共通しているユーザーです。たとえば、フットウェアの広告を掲載したところ、サンダルの購入者がプール用品も検索していることがわかったとします。このような場合、プール用品を検索したユーザーを対象とする類似ユーザー ターゲティングを設定して、夏用のフットウェアの広告を表示できます。基になるユーザーリストのユーザー数が十分になると、類似ユーザーリストが自動作成されます。詳しくは、類似ユーザーについてをご覧ください。

YouTube ユーザー

動画広告を表示または操作したユーザーは、YouTube リストに追加されます。これらのリマーケティング リストを作成するには、まず YouTube チャンネルと Google 広告アカウントをリンクしてください。詳しくは、YouTube 視聴者へのリマーケティングについてをご覧ください。

アプリユーザー

このリストには、デバイスにお客様のアプリをインストールしているユーザーが追加され、Google ディスプレイ ネットワーク上の他のアプリを使用しているときに広告の表示対象となります。詳しくは、アプリユーザーへのリマーケティングについてをご覧ください。

組み合わせリスト

既存の複数のリマーケティング リストを手動で組み合わせて作成するリストタイプです。たとえば、高額利用のショッピング ユーザーのリストと電化製品を購入したユーザーのリストがある場合は、これら 2 つのリストを組み合わせて(結合して)、電化製品を高額購入する可能性があるユーザーにリーチできます。詳しくは、組み合わせリストについての記事をご覧ください。

電話をかけてきたユーザー

このリストには、お客様のビジネスに電話をかけてきたユーザーが記録されます。このリストのユーザーにフォローアップの広告を繰り返し表示したり、新しい見込み顧客のみを対象とする広告のターゲットから、このリストのユーザーを除外したりできます。また、このリストのユーザーに的を絞って特定の広告フォーマットを表示したり、入札単価を調整したりもできます。これらのリストは自動的に生成されるため、個々のメンバーをご自身で追加、削除することはできません。電話をかけてきたユーザーのリストは、ウェブサイトの訪問者リストとして表示されます。

リストの操作方法

リストの作成

リマーケティング リストは、オーディエンス ソースから収集されたデータに基づいて作成できます。また、Google 広告によってオーディエンス ソースから自動生成されるリストもあります。

新しいリストを手動で追加するには、プラスアイコン をクリックして、作成するリストのタイプを選択します。

広告グループやキャンペーンへの追加

広告グループ: リストを 1 つ以上の広告グループに関連付けて、リストに登録されているユーザーに広告グループ内の広告が表示されるようにすることができます。

キャンペーン: リストを追加するキャンペーンを 1 つ以上選択します。

削除

選択したリストは、「削除済み」というラベルが付けられ、このラベルが付いている限りメインの [オーディエンス リスト] 表に表示されなくなります。

一時停止

リストを一時停止すると、そのリストに関連付けられた広告グループまたはキャンペーンでの使用が停止されます。一時停止したリストには引き続きユーザーが追加されます。

ラベル

整理用のラベルをリストに適用できます。ラベルはあらかじめ何種類か用意されていますが、リストを整理しやすいように、いつでも独自のラベルを追加することができます。

詳しくは、リマーケティング リストを編集、一時停止、削除する方法をご覧ください。

リストの精度を高める必要性について

リマーケティング リストを使って、Google ディスプレイ ネットワークをターゲットとして広告を表示するには、リストの過去 30 日間のアクティブ ユーザー数が 100 人以上であることが必要です。Google 検索ネットワークをターゲットとする場合は、1,000 人以上が必要です。Gmail 広告をターゲットとするリストには、アクティブ ユーザー数または訪問ユーザー数が 100 人以上必要です。リストのサイズは、各ネットワークでリーチ可能なユーザーの数によって変わる場合があります。

また、オーディエンスの分析情報では、ユーザーが 1,000 人以上のリストについて、その登録ユーザーに関する有益な情報を確認できるため、これをもとに新しいオーディエンスを発掘できます。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。