来店コンバージョンを確認する

アカウントが来店コンバージョンの利用条件を満たしており、広告の操作が店舗への来店数に及ぼす影響を測定したいとお考えの場合は、来店コンバージョンが表示されるようにレポートを設定できます。

この記事では、レポートで来店データを確認する方法をご説明します。詳しくは、来店コンバージョンについてをご覧ください。

来店コンバージョン レポートの基礎知識

Google 広告のレポートで来店コンバージョンを確認できる列は複数あります。レポートで来店数が適切な列に表示されるよう設定し、コンバージョン数を確認できるようにしておくことが重要です(これらの列はデフォルトでは表示されないためです)。来店コンバージョンを表示するために追加できる列は次のとおりです。

  • [実店舗への来店]
  • [費用/来店]
  • [来店率(来店/インタラクション)]
  • [来店値]
  • [来店値/費用]
  • [来店値/インタラクション数]
  • [来店値/来店]
  • [ビュースルーの来店]

:
  • 上記の来店コンバージョンの列には、YouTube キャンペーンや動画キャンペーンに対応していないものがあります。
  • このような列は、キャンペーン、広告グループ、キーワード レポートでのみ使用できます。

詳しくは、Google 広告のレポートに列を追加する方法をご覧ください。

[コンバージョン] 列と [すべてのコンバージョン] 列の違い

来店コンバージョンは、デフォルトでは [すべてのコンバージョン] 列に集計されます。この列には、Google 広告のキャンペーンで獲得したすべてのコンバージョン(入札の目標として指定していないコンバージョンを含む)が表示されます。[コンバージョン] 列では、レポートに表示するデータのカスタマイズや、コンバージョン重視の入札単価設定の変更ができます。
来店コンバージョンを [コンバージョン] 列の集計対象にした場合、検索キャンペーンやショッピング キャンペーンのスマート自動入札戦略にも反映されるようになります。

来店コンバージョンをレポートの [コンバージョン] 列の集計対象にするには、Google 広告で [コンバージョン列に含める] を選択します。

来店コンバージョンとビュースルーの来店コンバージョンの違い

Google 広告アカウントで確認できる来店コンバージョンには、運用しているキャンペーンのネットワークや種類に応じて、クリックベースと閲覧ベースの 2 種類があります。クリックベースの来店コンバージョンは [実店舗への来店] 列に集計されます。これに対し、閲覧ベースの来店コンバージョン(視認範囲のインプレッションによる来店数)は [ビュースルーの来店] 列に集計されます。ビュースルーの来店コンバージョンは、アカウントのレポートに含まれている場合、デフォルトでは [すべてのコンバージョン] 列に含まれず、代わりに [ビュースルー コンバージョン] 列に含まれて表示されます。
視認範囲のインプレッションに結び付けられた来店データは、YouTube、Google ディスプレイ ネットワーク、Google マップに広告を掲載するキャンペーンでのみ確認できます。このようなキャンペーンには、動画キャンペーン、ディスプレイ キャンペーン、スマート ショッピング キャンペーンが含まれます。

高度な操作

Google 広告で来店コンバージョンのレポートをカスタマイズすると、コンバージョン データを分割したり、[すべてのコンバージョン] 列や [ビュースルー コンバージョン] 列を追加したりして、他のコンバージョン アクションと合わせて来店コンバージョンを表示することができます。

「すべてのコンバージョン」の一部として来店コンバージョン数を表示する

他のコンバージョン アクションと合わせて来店コンバージョン数を表示するには、[すべてのコンバージョン] 列と [ビュースルー コンバージョン] 列を使用します。

来店コンバージョンは、キャンペーン、広告グループ、キーワード、商品グループ(ショッピング広告の場合)の各レポートの [すべてのコンバージョン] 列に追加されます。[すべてのコンバージョン] 列をレポートに追加する手順は以下のとおりです。

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 表示したいデータに応じて、左側のページメニューで [キャンペーン]、[広告グループ]、[広告と広告表示オプション]、[キーワード]、[商品グループ] をクリックします。
  3. データ表の上にある表示項目アイコン 列 をクリックします。
  4. プルダウン メニューから [表示項目を変更] を選択します。
  5. [コンバージョン] をクリックし、[すべてのコンバージョン] の横のチェックボックスをオンにします。
  6. [適用] をクリックします。[すべてのコンバージョン] 列がレポートに表示されるようになります。

YouTube またはディスプレイ ネットワークのキャンペーンの場合は、キャンペーン レポートと広告グループ レポートの [ビュースルー コンバージョン] 列にも来店コンバージョンが含まれます。[ビュースルー コンバージョン] 列をレポートに追加する手順は以下のとおりです。

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 表示したいデータに応じて、左側のページメニューで [キャンペーン] か [広告グループ] をクリックします。
  3. データ表の上にある表示項目アイコン 列 をクリックします。
  4. プルダウン メニューから [表示項目を変更] を選択します。
  5. [コンバージョン] をクリックし、[ビュースルー コンバージョン] の横のチェックボックスをオンにします。
  6. [適用] をクリックします。[ビュースルー コンバージョン] 列がレポートに表示されるようになります。

コンバージョン データを分割して来店データを表示する

来店コンバージョン数をキャンペーン、広告グループ、キーワード単位で表示するには、[すべてのコンバージョン] 列と [ビュースルー コンバージョン] 列をコンバージョンの発生元で分割する方法もあります。コンバージョンの発生元とは、測定対象のコンバージョンが達成された場所を示すものです。なお、事前に [すべてのコンバージョン] 列をレポートに追加しておく必要があります。

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 表示したいデータに応じて、左側のページメニューで [キャンペーン]、[広告グループ]、[キーワード] のいずれかをクリックします。
  3. 分割アイコン 分割 をクリックし、次のいずれかの手順を実施します。
    • [コンバージョン] > [コンバージョンの発生元] の順に選択する。コンバージョン データが発生元別に分割され、来店コンバージョンは [来店] セグメントに表示されます。
    • [コンバージョン] > [コンバージョン アクション] の順に選択します。表のデータがコンバージョン アクション別に表示されます。来店コンバージョンの測定に使っているコンバージョン アクションのデータを確認します。

来店コンバージョンのレポートを作成する

来店コンバージョンに焦点を当てたレポートを作成するには、次の手順を行います。

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 管理画面の右上にあるレポート アイコン をクリックして、[事前定義レポート(詳細分析)] > [コンバージョン] > [来店] をクリックします。

詳しくは、レポート エディタでレポートを作成する方法をご覧ください。

来店コンバージョン レポートの見方に関するヒント

来店コンバージョンのレポートに使われているモデルにより、来店コンバージョンとオンライン コンバージョンに違いが生じる場合があります。

  • Google のモデルは、来店コンバージョンのレポートの正確性を維持するために、常に更新されながら実行されています。そのため、Google のモデルが収集する情報が更新されるので、直近の数日間における来店値の変化が表示されます。
  • 店舗への訪問は、広告のクリックやインプレッションに結び付けられます。したがって、店舗への訪問は最終的な訪問日ではなく、広告のクリックやインプレッションの日付で記録されます。
  • コンバージョンの計測期間内の直近のデータは、記録されるコンバージョンが増え続けることで、時間の経過とともに変化する場合があるので、来店コンバージョンのデータは、計測期間が過ぎた後に確認することをおすすめします。
  • 来店コンバージョンにはレポートの遅延が標準で生じるため、過去 2~3 日間にコンバージョン数が 0 回と表示される場合があります。来店コンバージョンは、広告の操作が発生した日を基に記録されますが、実際の店舗への訪問が発生し、Google のモデルが店舗への訪問を正しく記録するまでには、多少の時間がかかることがあります。
  • 来店コンバージョンは、Google アナリティクスと Google 広告で算出方法が異なります。Google アナリティクスではウェブサイトのトラフィックに基づいて測定され、Google 広告では広告の操作に基づいて測定されます。詳しくは、Google アナリティクスの来店レポートについての記事をご覧ください。
  • Google 広告クライアント センター(MCC)アカウントをお持ちの場合、来店コンバージョンは MCC アカウント単位、またはクライアント アカウント単位でいつでも確認できます。ただし、コンバージョン トラッキングが MCC アカウント単位で設定されている場合、来店コンバージョンは複数のクライアント アカウント間で重複が削除されます。
  • コンバージョン トラッキングが MCC アカウント単位で設定されている場合、MCC アカウント単位の来店コンバージョンの件数は、MCC アカウントで来店コンバージョンを測定しているすべてのクライアント アカウントの来店コンバージョンの合計と等しくなります。

来店コンバージョン レポートの変更点

アカウントの来店コンバージョンが大幅に変動したり、長期にわたって記録が完全に止まったりした場合は、2 つの原因が考えられます。

  • 顧客の行動の変化: 顧客の行動は、年間を通じて変化する可能性があります。季節的な要因や現在の状況などの変更により、店舗への来店数に影響が出る場合があります。
  • アカウント設定の変更: Google マイビジネス アカウント、住所表示オプション、アフィリエイト住所表示オプション、コンバージョン設定(計測期間やコンバージョン ステータスなど)、ターゲット地域などの変更により、来店コンバージョンに直接影響が出る場合があります。来店コンバージョンが変動しないようにするには、来店コンバージョンに関するアカウント設定(こちらで確認できます)が正常で、しばらく変更されていないことをご確認ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false