広告の候補について

 
この記事は、検索ネットワーク キャンペーンの広告の候補のみを対象とする内容です。詳細: スマート アシスト キャンペーンの広告の候補について

広告の候補とは、既存のテキスト広告をもとに別パターンの広告を生成してご提案する機能で、採用することにより検索ネットワーク キャンペーンの成果向上が期待できます。

調査によると、質が高い広告が 3 つ以上ある広告グループは、広告のローテーションが最適化されていれば、広告が 1 つのみの広告グループよりも最大で 5~15% 多くクリックやコンバージョンを獲得できます。掲載できる広告が多い方が、ユーザーの個別の検索に合わせて最適なメッセージを表示できる可能性が高まります。

広告の候補は、まず広告主様が確認できるようアカウントの [最適化] ページに表示され、そこで適用するか、編集するか、拒否するかを選択できます。「自動適用」の表示がある広告の候補は、そのままにしておいた場合、14 日後に掲載を開始されます。各アカウントで提案される広告の候補は、最大で 1 週間あたり 50 個までです。広告の候補を提示するプログラムは、掲載結果の改善が見込める広告グループに的を絞っています。そのため、広告の候補はごく一部の広告グループのみに表示され、ほとんどのアカウントや広告グループには表示されません。表示されても、アカウント 1 つにつき数個程度です。

「広告の候補」と「最適化案の自動適用」は別個の機能です。広告の候補をオフにしても、最適化案の自動適用はオフになりません。詳細: 最適化案の自動適用について

メリット

  • 既存の広告の別パターンを短時間で作成できる。
  • 広告コピーを無料で最適化できる。

広告の候補の仕組み

広告の候補は、下記のサポート対象言語の広告を掲載している広告主様を対象として、場合に応じて自動的に表示されます。広告の候補は、作成されてから広告主様がご自身で適用、編集、拒否していなければ、14 日が経過した時点で自動的に適用されます。

自動適用された広告の候補は、[広告と広告表示オプション] ページに「自動適用された広告の候補」というラベル付きで表示されます。また、候補の自動適用による広告の追加があった旨を、何種類かの方法で広告主様にお知らせします。また、広告の候補の適用、拒否、一時停止、編集は、すべてご自身でご判断いただけます。

サポート対象言語

次の言語の広告を掲載している場合は、[最適化] ページに広告の候補が自動的に表示される可能性があります。

  • デンマーク語
  • オランダ語
  • 英語
  • フィンランド語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • 日本語
  • ノルウェー語
  • ポーランド語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • スペイン語
  • スウェーデン語

: 広告の候補の自動適用は、言語を問わず、どのアカウントでも無効にできます。

通知

自動適用型の広告の候補が追加された場合、次の方法で通知があります。

  • 広告の候補を確認するためのリンクが記載されたメールが届きます。メール通知の設定を更新
  • 管理画面の通知アイコン 通知方法 の近くに、広告の候補がまもなく自動適用されることを知らせるアラートが表示されます。
  • 通知アイコンをクリックすると、広告の候補が自動適用される日付が表示され、そこから内容の確認へと進むことも可能です。
  • 広告の候補が自動適用される日付が [最適化] ページに表示され、ご自身で候補を適用または拒否することもできます。
  • 作成から 14 日が経過して自動適用された広告の候補は、[広告と広告表示オプション] ページに表示され、「自動適用された広告の案」というラベルが付きます。
注: クライアント センター(MCC)アカウントについては、複数のアカウントで広告の候補が同時に提案された場合に、すべての通知が 1 つにまとめられることがあります。

管理

  • 広告の候補は、[最適化] ページから、個別またはグループ単位で適用、拒否、編集できます。
  • 適用された広告の候補は、通常の広告と同じように編集、削除、一時停止できます。
  • 広告の候補の設定は、アカウント設定で管理できます。

: 広告の候補を拒否しても、その後も別の広告の候補があれば表示されます。

ポリシーに関する例外

制限付きで承認された広告や不承認となった広告を含む広告グループについては、広告の候補は作成されません。これには、ギャンブル、アルコール、医薬品、ペイデイローン(短期融資の一種)などのカテゴリに該当する広告が含まれます。制限付き承認広告の詳細

注: 商標に関する理由で制限付きの承認を受けている広告グループについては、広告の候補の提案対象から除外されません。適用された広告の候補は、通常どおり商標に関するチェックを受けます。

広告の候補が作成される仕組み

広告の候補は、パフォーマンス向上に役立つよう、人間による審査と機械学習を組み合わせて作成されています。作成の過程では、既存の広告、広告表示オプション、ランディング ページなど、アカウントの関連情報が利用されます。また、広告コピーの最適化には、キーワードやターゲティングといった追加シグナルも反映されています。

よくある質問

広告の候補を継続的に確認するにはどうすればよいですか?

広告グループに自動的に適用された広告は、広告の表で「自動適用された広告の案」というラベルが付けられます。[広告と広告表示オプション] ページにも [自動適用された広告の案] という列があり、これをフィルタとして使うと、表示内容を絞り込むことができます。広告の候補を手動で適用した場合、その広告は通常のテキスト広告としてアカウントに追加されますが、特定のラベルは付きません。

広告の候補が提案されるのは、どのようなキャンペーンまたは広告グループですか?

以下のサポート対象言語に該当する検索広告グループの中で、広告のローテーション設定が「最適化」で、掲載結果の改善が見込めるものが、広告の候補の作成対象となります。
  • デンマーク語
  • オランダ語
  • 英語
  • フィンランド語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • 日本語
  • ノルウェー語
  • ポーランド語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • スペイン語
  • スウェーデン語
: 広告の候補の自動適用を無効化することは、言語を問わず、どのアカウントでも可能です。

広告の候補は編集できますか?

広告の候補は、[最適化] ページの [適用] をクリックして手動で適用するか、自動適用されるまで待つことができます。候補の適用によって作成された広告は、いつでも編集、一時停止、削除が可能です。

自動適用された広告の候補には、「自動適用された広告の候補」というタグが付きます。広告の候補に編集を加えるとこのタグは削除され、広告の表の [自動適用された広告の候補] 列にも表示されなくなります。

自動適用される前に広告の候補を編集するには:

  1. Google 広告にログインします。
  2. 左側のページメニューで [最適化] をクリックします。
  3. 広告の候補カードが表示される場合は、カード下部の [候補(件数)を表示] をクリックします。
  4. 編集する候補の右下にある [表示] をクリックします。
  5. ご希望に合わせて広告を更新し、右下の [適用] をクリックして変更を適用し、広告掲載を開始します。

広告の候補は Google 広告の管理画面のどこで確認できますか?

広告の候補は、Google 広告の管理画面の [最適化] ページで確認できます(MCC アカウントの場合も同じです)。

新しい広告の候補はどのくらいの頻度で管理画面に表示されますか?

多いときでも 1 週間に 1 回程度です。広告の候補を提示するプログラムは、掲載結果の改善が見込める広告グループに的を絞っています。そのため、広告の候補はごく一部の広告グループのみに表示され、ほとんどのアカウントや広告グループには表示されません。表示されても、アカウント 1 つにつき数個程度です。

広告の候補は何個作成されますか?

各アカウントで作成される広告の候補の数は、週あたり 50 個までです。

広告の候補のメールアラートを有効にするにはどうすればよいですか?

アカウント単位のメール通知の設定で、キャンペーンの管理に関する通知の受け取りを「すべて」または「重要な通知のみ」に指定します。クライアント センター(MCC)アカウントの場合は、[通知(全階級)] を選択し、お客様 ID ごとにキャンペーンの管理に関する通知を有効にしてください。なお、MCC アカウントの設定はアカウント単位の設定よりも優先されますのでご留意ください。

広告の候補の自動適用は無効にできますか?

サポート対象言語の広告を掲載している場合、広告の候補は作成から 14 日が経過すると自動的に適用されます。広告の候補の自動適用を無効にする方法

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false