Google 広告リニューアル版の目標について

この記事は、新しい Google 広告をご利用の方のみを対象としています。ご利用中の Google 広告がリニューアル版か従来版のどちらにあたるかを見分ける方法

検索、ディスプレイ、ショッピング、動画キャンペーンを作成する際は、目標を指定してからキャンペーンを設定すると、その目標の達成に役立つ機能がわかりやすく表示され、何をどのように設定するべきか判断しやすくなります。目標はキャンペーンの作成時に 1 つ指定できます。そのキャンペーンで主眼とする要素(売り上げの促進やウェブサイトのトラフィックなど)に合わせた目標を指定してください。目標を指定すると、その目標に関連するおすすめの機能や設定が表示され、ビジネスにとって重要な成果の達成に役立てることができます。

この記事では、目標の仕組みと、個々の目標をキャンペーンの掲載結果の改善に役立てる方法について説明します。


注: 一部の Google 広告キャンペーンを作成する際、キャンペーン タイプを設定する前にキャンペーンの目標を設定するよう求められる場合があります。

目標の機能

検索、ディスプレイ、ショッピング、動画キャンペーンを作成する際に、そのキャンペーンで達成したいと考えている主なビジネス目標に該当する目標を選びます。たとえば、広告を見たユーザーをウェブサイトに誘導したい場合は、「ウェブサイトのトラフィック」を目標として指定します。この目標を指定してからキャンペーンの設定を行うと、サイトへの訪問を促すうえで役立つおすすめの機能や設定が表示されます。

目標はいつでも追加、削除できます。また、ご希望の場合は目標を指定せず、目標に関するおすすめ機能などの表示なしでキャンペーンを作成することもできます。個々の目標タイプと、それぞれの目標の達成に役立つ主なおすすめの機能の詳細については、その目標にカーソルを合わせるとご覧いただけます。

キャンペーンの目標を最初に設定

Google 広告リニューアル版では、目標に合わせたキャンペーンを作成して、ユーザーに期待する行動を促すうえで役立つ機能や設定を使用できます。どの目標を選択した場合でも、キャンペーンのあらゆる設定と機能をご利用いただけます。また、キャンペーンのタイプによっては、目標は変更可能です。

キャンペーンの目標を指定したら、掲載するキャンペーンのタイプを選択します。広告の掲載先と、ご利用いただける設定やオプションは、キャンペーン タイプによって異なります。キャンペーン タイプを指定した後は、広告の掲載先ネットワークを選択します。

注: 動画キャンペーンで選択できる目標は 1 つだけです。また、動画キャンペーンの目標を変更することはできません。

広告フォーマットの詳細

目標を指定してキャンペーンを作成する

検索キャンペーンの目標

目標 用途 該当する機能
売り上げの促進
  • オンライン、アプリ内、電話、店舗での売り上げを促進する
  • お客様のサイトを訪れたことがあるユーザーや、購入に至る可能性が高いユーザーに働きかける
購入プロセスやコンバージョン プロセスの起点となる機能。例: クリック重視の入札戦略、広告表示オプション、Google と提携するサイト / 動画 / アプリを見込み顧客が閲覧するタイミングを捉えて表示する広告。
見込み顧客の獲得
  • 関連性の高いユーザーに、ニュースレターの配信登録や連絡先情報の提供などを通じて関心を示すよう促す
コンバージョン プロセスの起点となる機能。例: オーディエンス ターゲティング、広告表示オプション、Google と提携するサイト / 動画 / アプリをユーザーが閲覧するタイミングを捉えて表示する広告。
ウェブサイトのトラフィック
  • 見込み顧客にウェブサイトへの訪問を促す
購入候補となる商品を探しているユーザーに働きかける機能。例: 関連性の高い広告見出しが動的に挿入される広告、広告表示オプション、サイトのアクセス数の増加に役立つ入札戦略。

ディスプレイ キャンペーンの目標

目標 用途 該当する機能
売り上げの促進
  • 売り上げやコンバージョンにつながる可能性が高いユーザーにアプローチする
  • お客様のサイトを訪れたことがあるユーザーや、購入決定に近い段階のーザーに働きかける
購入プロセスやコンバージョン プロセスの起点となる機能(人目を引く魅力的な広告、自動入札、自動ターゲティングなど)。お客様が販売している商品やサービスを積極的に閲覧、リサーチ、または比較検討しているユーザーにアプローチする機能。
見込み顧客の獲得
  • 関連性の高いユーザーに、ニュースレターの配信登録や連絡先情報の提供などを通じて関心を示すよう促す
コンバージョン プロセスの起点となる機能(自動入札、自動ターゲティング、人目を引く魅力的な広告など)。お客様のビジネスに関心があるユーザーから連絡先情報(メールアドレス、ニュースレーターの配信登録など)を収集する機能。
ウェブサイトのトラフィック
  • 見込み顧客にウェブサイトへの訪問を促す
購入候補となる商品を探しているユーザーに働きかける機能(自動入札、自動ターゲティング、広告の自動作成など)と、訪問ユーザーのリストを作成して後から再度アプローチできるようにする機能。
商品やブランドの比較検討
  • お客様が販売している商品やサービスを検討するようユーザーに働きかける
  • お客様が販売している商品やサービスの特長をアピールする
ブランドの選択を促す機能(自動入札、自動ターゲティング、広告の自動作成)のほか、エンゲージメントの促進に役立つ魅力的な広告を作成する機能
ブランド認知度とリーチ
  • お客様の商品やサービスの認知度を高める
  • 新商品をユーザーに知ってもらう、新しい分野へビジネスを拡大する
ブランドの認知度を高めるための機能(視覚に訴える魅力的な広告、表示回数を増やす入札戦略など)と、新規ユーザーの関心を引き付けるうえで役立つその他の機能

ショッピング キャンペーンの目標

目標 用途
売り上げの促進
  • オンライン、アプリ内、電話、店舗での売り上げを促進する
  • お客様のサイトを訪れたことがあるユーザーや、購入に至る可能性が高いユーザーに働きかける
見込み顧客の獲得
  • 関連性の高いユーザーに、ニュースレターの配信登録や連絡先情報の提供などを通じて関心を示すよう促す
ウェブサイトのトラフィック
  • 見込み顧客にウェブサイトへの訪問を促す
     

動画キャンペーンの目標

目標 用途
見込み顧客の獲得
  • 関連性の高いユーザーに、ニュースレターの配信登録や連絡先情報の提供などを通じて関心を示すよう促す
ウェブサイトのトラフィック
  • 見込み顧客にウェブサイトへの訪問を促す
商品やブランドの比較検討
  • 商品のリサーチや購入を検討しているユーザーに、お客様のブランドや商品をアピールする
  • ブランドに関心を示したユーザーに働きかける
  • 今後ブランドや商品を検討してもらえるようユーザーに働きかける
ブランド認知度とリーチ
  • ブランドを効率的に活用しながら、幅広いユーザーにリーチする
  • 関連性の高いユーザーの間でブランド認知度を高める
  • ユーザーにブランドを知って覚えてもらえるよう多様な広告フォーマットを使用する
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。