ローカル サービス広告のお支払い方法

ローカル サービス広告にお申し込みいただくと、広告費用のお支払いに使う請求先アカウントを設定するよう求められます。

ローカル サービス広告では Google 広告の請求とお支払いのシステムが使われるため、すでに Google 広告アカウントをお持ちの場合は、そのお支払い設定がローカル サービス広告でも自動的に使われます。

Google 広告アカウントをお持ちでない場合は、クレジット カード情報か銀行口座情報をご登録いただくと、発生する広告費用に対して自動的に請求が行われるようになります。

お支払いについてサポートをご希望の場合は、お問い合わせください。

自動支払いの仕組み

自動支払いをご利用の場合は、広告費用が発生した後に請求処理が行われます。請求処理は、前回のお支払いから 30 日が経った時点、またはアカウントの費用が所定のお支払い基準額に達した時点のいずれか早いほうのタイミングで行われます。自動支払いの詳細

ご自身の現在のお支払い基準額は、管理画面のセールスリード インボックスの [お支払い] タブで確認できます。最初のお支払い基準額は、ご利用のアカウント、国、通貨に基づいて設定されます。お支払い基準額は、30 日間の請求対象期間内にアカウントの費用がその時点のお支払い基準額に達するたびに引き上げられ、最大で所定の上限額まで引き上げられます。

注: 1 か月の広告費用は予算設定で管理できます。

日本での最初のお支払い基準額は 10,000 円です(お支払基準額は国によって異なります)。

アカウントで発生した広告費用が 20,000 円に達すると、その時点でご指定のお支払い方法に対して請求処理が行われ、10,000 円だったお支払い基準額が 25,000 円に引き上げられます。

前回のお支払いから 30 日が経過する前にアカウントの差引残高が 25,000 円に達すると、再び請求処理が行われ、お支払い基準額が 50,000 円に引き上げられます。

さらに、前回のお支払いから 30 日が経過する前に請求処理がもう 1 回発生すると、基準額が最大の 100,000 円に引き上げられます。

現在の差引残高とお支払い基準額を確認する方法

  1. ローカル サービス広告のリード インボックスにログインします。
  2. 上部のメニュー Nav icon をクリックします。
  3. [料金] をクリックします。
  4. [差引残高] セクションに、現在の未払い残高とお支払い基準額が表示されます。

前回のお支払いから 30 日が経った時点でアカウントの費用がお支払い基準額に達していない場合は、その時点で未払い残高の金額が自動的に請求されます。

注: パートナーのアフィリエイトから広告を掲載する場合、上記の情報は適用されません。詳細

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。