「ターゲティング」と「モニタリング」設定について

この記事は、新しい Google 広告をご利用の方のみを対象としています。ご利用中の Google 広告がリニューアル版か従来版のどちらにあたるかを見分ける方法

見込み顧客にアプローチするために、キャンペーンや広告グループにはさまざまなターゲティング方法が用意されています。広告を表示するユーザーやコンテンツなどの条件を選択することで、広告のターゲットを設定します。

広告のリーチを制限せずに、特定の条件下で広告の掲載結果をモニタリングする場合は、「モニタリング」機能を使用することができます。その結果に基づいて、特定の条件に対する個別の入札単価を設定することができます。

この記事では、ターゲティングとモニタリングの設定の仕組みについて説明します。この機能の設定の詳しい手順については、ターゲティングとモニタリングを選択するをご覧ください。

この記事では、Google 広告リニューアル版の機能について説明します。AdWords の従来版をご利用の場合は、ディスプレイ ネットワークでのターゲティングをご覧ください。ご利用中の Google 広告がリニューアル版か従来版のどちらなのかを見分ける方法については、こちらをご覧ください。

「ターゲティング」設定について

キャンペーンや広告グループに「ターゲティング」設定(アフィニティ カテゴリ、プレースメント、リマーケティングなど)を使用すると、広告を表示するユーザーやインターネットでの掲載先を限定できます。

ディスプレイ キャンペーンでは、広告グループにターゲティング方法を設定しない場合に広告の表示が制限されるのは、コンテンツの除外、地域、言語などのキャンペーン設定とアカウント設定によるものだけです。つまり、キャンペーンやアカウントの設定の制限内で、ディスプレイ ネットワークや YouTube などウェブ上のどこにでも広告を掲載できます。

用途

広告グループを絞り込んで、特定のユーザーや選択した特定のコンテンツにのみ広告を表示する場合は、広告グループやキャンペーンで「ターゲティング」を使用します。ターゲティングは、ディスプレイ キャンペーンをご利用のほとんどの広告主様におすすめです。

留意点
  • ターゲティングは、従来版の Google 広告の「掲載先の絞り込みと入札単価」設定と同じです。
  • ターゲティングを使うと、広告グループのリーチが制限されます。
  • リーチを制限することに加え、ターゲティング内の特定の条件に個別の入札単価や入札単価調整を使用することもできます。詳細

「モニタリング」設定について

「モニタリング」設定を使用しても、キャンペーンや広告グループのリーチは影響を受けません。つまり、広告が表示されるユーザーや場所は変わりません。ただし、選択したプレースメント、トピック、またはオーディエンスでキャンペーン実施中の広告の掲載結果をモニタリングすることができます。「モニタリング」が既存のターゲティングの範囲内にある場合、追加した条件がどのように機能するかをモニタリングすることができます。

このデータに基づいて、特定の条件で入札単価調整を行うなど、キャンペーンでさらに措置を講じることができます。また、モニタリングに基づいてターゲティング条件を設定して、新しい広告グループを作成することも可能です。

「モニタリング」は [すべてのターゲット設定を編集] ページで設定できます。モニタリング方法が広告グループのターゲティングに使用されていない場合は、その方法のレポートページから追加することもできます。ただし、最初に広告グループを作成する際に、モニタリング方法を追加することはできません。

用途

キャンペーンや広告グループのターゲットをこれ以上絞り込むことなく、広告で特定の条件がどのように機能するかをモニタリングしたい場合にモニタリングを使用します。「モニタリング」は、検索キャンペーンをご利用のすべての広告主様とディスプレイ キャンペーンをご利用の上級レベルの広告主様におすすめです。

留意点
  • 「モニタリング」設定は、従来版の AdWords の「入札単価のみ」の設定と同じです。
  • 「モニタリング」設定ではキャンペーンや広告グループのリーチは制限されません。
  • データは、モニタリングとターゲティングの両方で選択された条件を満たす広告についてレポートされます。
  • 条件での掲載結果をモニタリングすることに加えて、個別の入札単価や入札単価調整をモニタリングの特定の条件に使用することもできます。詳細

ターゲティング 
女性用のライダー ジャケットを販売する店を経営している A さんは、広告グループ「女性のオートバイ愛好家」で、ユーザー属性の性別として「女性」を、アフィニティ カテゴリとして「オートバイ ファン」を選択しました。「ターゲティング」でこのように選択すると、広告グループのリーチが絞り込まれ、オートバイに興味のある女性のみに広告が表示されるようになります。

モニタリング 
A さんは、顧客の多くがスポーツウェアの購入に関心があるかどうかを知りたいと思っていますが、広告グループのリーチをこれ以上は制限したくはありません。この場合は、[オーディエンス] ページの鉛筆アイコンをクリックしてキャンペーンを選択し、「ユーザーが積極的に調べている情報や立てている計画」に基づいてオーディエンスを指定して、モニタリング基準として [アパレル、アクセサリ]、[スポーツウェア] の順に選択します。

このモニタリング設定では、スポーツウェアに対して購買意向の強いユーザーに表示される広告の表示回数についてのレポートを表示できます。モニタリング対象が既存のターゲティング(この場合は「女性用スポーツウェア」と「オートバイ ファン」)と重なると、モニタリングがレポートされます。

スポーツウェアに興味のあるユーザーに表示される広告の掲載結果が他の広告と異なる場合は、このオーディエンスの入札単価を調整できます。また、スポーツウェアに関心のあるユーザーに特別なランディング ページを表示したり、特典を提供したりする場合は、そのようなユーザーをターゲットにした新しい広告グループを作成することもできます。

ターゲティングとモニタリングの提供状況

ディスプレイ ネットワーク キャンペーン

推奨: 「ターゲティング」

「ターゲティング」は下記に使用できます。

  • オーディエンス
  • プレースメント
  • トピック

ユーザー属性とディスプレイ ネットワークのキーワードでは、標準の「ターゲティング」設定のみを使用できます。デフォルトでは、すべてのユーザー属性グループがターゲットに設定されています。

検索ネットワークとショッピング キャンペーン

推奨: 「モニタリング」

オーディエンス(検索広告向けリマーケティング リスト(RLSA)を含む)に「モニタリング」を使用できます。

動画キャンペーン

推奨: 「ターゲティング」

「モニタリング」は利用できません。すべての方法は、デフォルトで標準ターゲティングを使用します。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。