広告表示オプションと実際のクリック単価について

広告表示オプションが表示されると、広告が目立ちやすくなり、通常はクリック数が増えて掲載結果も良くなります。この記事では、広告表示オプションが実際のクリック単価(CPC)に及ぼす影響について説明します。広告表示オプションの概要については、広告表示オプションについてをご覧ください。レポートデータについて詳しくは、広告表示オプションの掲載結果を確認するをご覧ください。

実際のクリック単価

キャンペーンに広告表示オプションを追加しても費用はかかりませんが、広告がクリックされた場合には通常の費用が発生し、広告表示オプションで特定の操作が行われた場合にも通常の費用が発生します。たとえば、ダウンロード ボタン(アプリリンク表示オプション)、通話ボタン(電話番号表示オプション)、経路アイコン(住所表示オプション)などがクリックされると費用が発生します。ただし、レビュー表示オプションと販売者評価のクリックに対しては、費用は発生しません。また、1 回の広告表示で費用が発生するクリックは、広告と広告表示オプションを合わせて 2 回までです。

広告表示オプションのクリックで発生する費用は、広告見出しのクリックの場合と同様に、その掲載順位を維持し、その順位で広告表示オプションを表示するために最低限必要な額のみとなります。詳しくは、実際のクリック単価(CPC)の説明をご覧ください。

掲載順位の高い広告は競争率が上がるため、一般的に実際のクリック単価が高めになります(広告ランクの基準が上がることも要因の 1 つ)。これと同様に、広告表示オプションが付加された広告も目立ちやすくなるため、多くのケースで実際のクリック単価が高めになります。ただし、広告表示オプションを付加したことで増える費用は、検索結果ページで掲載順位を 1 つ上げるために必要な費用よりも低い場合がほとんどです。つまり、一般的には掲載順位を上げるよりも広告表示オプションを使ったほうが、少ないお金でクリック数を増やせます。

広告表示オプションが付加された広告の実際のクリック単価は、広告表示オプションがない場合と同じ方法で計算されます。つまり、その掲載順位を維持し、その順位で広告表示オプションを表示するために最低限必要な額になります。たとえば、現在の広告ランクに基づいて、住所表示オプションとサイトリンクを付加した広告が検索結果ページの掲載順位 4 位に掲載された場合は、その順位を維持し、その順位の基準を満たしながら、この 2 つの表示オプションを表示するために最低限必要な額が課金されます。詳しくは、実際のクリック単価(CPC)の説明をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。