キャンペーンの自動開始日と自動終了日について

Google 広告で新しいキャンペーンを作成する際には、キャンペーンの実施期間を設定することができます。プロモーションや特典の提供期間が終わるタイミングなど、キャンペーンを終了させる日付があらかじめ決まっている場合にこの機能は便利です。あらかじめその日付を終了日として追加しておけば、終了するときに手動で変更を行う必要がありません。また、次回の休日に開催するキャンペーンなどの開始日を設定することもできます。この記事では、キャンペーンの自動開始日と自動終了日の仕組みと、その機能がどのような場合に有効かについて説明します。

パーティー用品のオンライン販売を行っており、年末年始に鳴り物を割引販売するので、専用のキャンペーンを作成するとします。キャンペーンは年越しの 2 週間前、つまり 12 月 18 日に始めることが決定しています。この日にキャンペーンが開始されるよう、Google 広告であらかじめ設定しておくことができます。また、キャンペーンの終了日(1 月 1 日)も入力しておくことができます。

キャンペーンの開始日と終了日の仕組み

新しいキャンペーンを作成する際、開始日は特に指定しない限り、「当日」に設定されます。その場合、最初の広告が承認され次第キャンペーンが開始されます。

設定した開始日は、キャンペーンの開始前であればいつでも変更できます。開始日を過ぎると、日付を変更することはできなくなります。たとえば、開始日が 2 月 1 日の場合、2 月 2 日になってから開始日を編集することはできません。ただし、キャンペーンの一時停止、再開、キャンセルは開始日を過ぎてからでも行うことができます。

広告キャンペーンのデフォルト設定では終了日が設定されておらず、広告を無期限で掲載できます。この設定はいつでも変更して、特定の日にキャンペーンを終了するよう指定できます。終了日を選択すると、アカウントに設定したタイムゾーンで、その日の午後 11 時 59 分(23 時 59 分)にキャンペーンが終了します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。