動画キャンペーンにリマーケティング リストを使用する

動画キャンペーンでリマーケティング リストを使用すると、YouTube、Google 動画パートナーのサイト、検索を利用する視聴者にパーソナライズド広告を表示できます。また、広告主様の YouTube 動画を見たユーザーに広告を表示できるよう、特別に用意されたいくつかのリマーケティング リストを利用することが可能です。この記事では、動画キャンペーンでこれらのリストをターゲティングする方法を解説します。

はじめに

  • 動画キャンペーンでリマーケティングを使用するには、事前に YouTube アカウントを Google 広告アカウントにリンクしておく必要があります。リンクの設定は、YouTube チャンネルと Google 広告アカウントのどちらからでも行うことができます。YouTube アカウントと Google 広告アカウントをリンクする方法をご覧ください
  • 複数のターゲット設定方法を使用する場合は、注意が必要です。一度に複数のターゲット設定方法を使用すると、それらすべてが適用されます。たとえば、特定のキーワード、年齢、チャンネルをターゲットに設定した場合、そのすべてが一致しない限り広告は表示されません。そのため、広告の表示回数が大幅に制限される可能性があります。リマーケティング リストと複数のターゲット設定方法(ユーザー属性、興味や関心など)を組み合わせることはおすすめできません。ターゲットの幅を広くして、すべての動画広告フォーマットを有効にすることをおすすめします。

注: リストによっては、特定のキャンペーン タイプに使用できないものもあります。

手順

動画向けリマーケティング リストの作成方法

  1. YouTube アカウントを Google 広告アカウントにリンクさせます(まだリンクしていない場合)。
  2. 画面右上にあるツールアイコン をクリックします。
  3. [共有ライブラリ] の下にある [オーディエンス マネージャー] をクリックします。
  4. 左側のページメニューで [オーディエンス リスト] をクリックします。
  5. [YouTube ユーザー] を選択します。
  6. オーディエンス名を作成します。
  7. プルダウンからリストのメンバーを選択します。
  8. YouTube チャンネルを選択します。
  9. オーディエンスの初期サイズと有効期間を選択します。
  10. [作成] をクリックします。

リマーケティング リストに対し、100 人以上のユーザーからの接点を得られると、広告とキャンペーンに活用できるようになります。新しいキャンペーンを作成するときや、既存の動画キャンペーンのターゲットとして使用するリマーケティング リストを選択できます。

既存の広告グループまたはキャンペーンにリマーケティング リストを追加する方法

  1. [オーディエンス] を選択します。
  2. 鉛筆アイコン をクリックします。
  3. プルダウン メニューから [キャンペーン] または [広告グループ] を選択します。
  4. [キャンペーンを選択] をクリックします。
  5. リマーケティング リストを追加する広告グループまたはキャンペーンを選択します。
  6. [ターゲット設定] または [モニタリング] を選択します。
  7. ターゲットとして設定するオーディエンスを選択し、選択したオーディエンスに関連する特定のボックスをオンにします。
  8. [保存] をクリックします。

クライアント センター(MCC)アカウントで管理されている Google 広告アカウントを YouTube チャンネルにリンクすると、MCC アカウントからそのチャンネルの指標にアクセスできるようになります。また、Google 広告アカウントでリマーケティング リストの共有を有効にしておくと、お客様が作成したリマーケティング リストを MCC アカウントが他の子アカウントと共有できるようになります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。