Google 動画パートナーについて

Google 動画パートナーとは、YouTube 以外でもユーザーに動画広告を表示できる、質の高いサイト運営者またはパブリッシャーのウェブサイトやモバイルアプリのことです。

サイト運営者 / パブリッシャーが動画パートナーになるには、十分な審査を受け、広告枠が Google の品質基準を満たしている必要があります。また、広告管理プラットフォーム(Google アド マネージャーAdMobAdSense など)に適用されるポリシーにも従う必要があります。Google では、動画広告の安全性確保の取り組みとして、YouTube と Google 動画パートナーの両方において、特定の種類のコンテンツで広告収益が得られないようにしています。

この記事では、Google 動画パートナーをご利用いただくメリット、Google 動画パートナーでサポートされる目標と広告フォーマット、および Google 動画パートナーで広告が表示される場所について説明します。

Google video partners for Google Ads

Google 動画パートナーをご利用いただくメリット

ブランドに合うコンテンツに広告を表示

動画パートナーのサイトやアプリは、ゲーム、スポーツ、エンターテイメント、ニュースなどの大手サイト運営者で構成されています。

さまざまなデバイスで広告を表示

Google 動画パートナーに掲載される動画広告は、パソコン、タブレット、モバイルのウェブブラウザ、モバイルアプリ、テレビ画面に表示できます。動画広告は動画プレイヤー内で配信され、モバイルアプリで表示される際は、インタースティシャル広告として配信されます。

Google video partners ad content placement [infographic]

広告が表示される場所を管理

Google 動画パートナーの動画広告には、YouTube と同じ高度な管理機能、コンテンツ設定、ターゲット設定があります。以下の機能を使用すると、広告が表示される場所を自分の好きなように管理できます。

  • オーディエンス ターゲティング: アフィニティ カテゴリ、カスタム オーディエンス、カスタマー マッチ、購買意向の強いオーディエンス、ライフイベント、リマーケティング、類似ユーザーなど、さまざまなオーディエンス タイプを使用して、リーチするユーザーを指定できます。詳細
  • コンテンツ ターゲティング: 特定のプレースメント、トピック、キーワード、デバイスをターゲティングすることで、Google 動画パートナーで広告を表示する場所を指定できます。詳細
  • コンテンツの除外: YouTube と同様に、動画パートナーのコンテンツは、デジタル コンテンツのラベルを使用して分類されています。成人向けコンテンツとラベル未設定のコンテンツは、デフォルトで動画キャンペーンから除外されます。広告枠のタイプを使用すると、ブランドやキャンペーンのメッセージに合わないデリケートなコンテンツを除外することができます。詳細
  • プレースメントの除外: Google 広告の [プレースメント] の下にある [広告が表示された場所] タブで、広告の掲載場所を確認します。ブランドに合わないプレースメントや、ターゲット ユーザーの反応が悪いプレースメントを除外できます。詳細

YouTube 以外のサイトにもリーチと広告効果を拡大

  • リーチ: Google 動画パートナーは、YouTube 以外の新しいユーザーにアピールして動画広告のリーチ拡大をサポートします。Google 動画パートナーをキャンペーンに含めると、指定された予算内でリーチが最大 20% 広がります。YouTube と Google 動画パートナーで同じターゲティング オプションを設定し、レポートを分割してネットワーク別に掲載結果を測定できます。詳細
  • 動画視聴回数: Google 動画パートナーでスキップ可能なインストリーム広告が視聴された場合、YouTube 動画の視聴回数が増加します。
  • 視認性: Google 動画パートナーを使用した動画広告の視認性の平均は 90% です(出典: Google 内部データ、グローバル、2019 年 4 月)。
  • コンバージョン: TrueView アクションでは、行動を促すフレーズ、広告見出し、終了画面を動画広告に追加することで、より少ない費用でコンバージョンを促進します。既存の調査によると、Google 動画パートナーを TrueView アクション キャンペーン(目標コンバージョン単価制)に含めた広告主は、全コンバージョンの 10% 以上を Google 動画パートナーから獲得しています。また、コンバージョン単価を 20% 以上も低くすることに成功しています(出典: Google 内部データ、グローバル、2019 年 10 月~11 月)。
  • 広告効果: Google 動画パートナーで広告を掲載すると、ユーザーが商品に対する認知度を高め、ブランドに関心を持つようになります。YouTube と Google 動画パートナーで同じ調査を 1,000 件以上実施した結果、TrueView アクション広告を YouTube と Google 動画パートナーで掲載した場合、ブランド効果測定で同様の結果になることが報告されています(出典: Google Video Partners Brand Lift meta-analysis、グローバル、2019 年)。

サポートされる目標と広告フォーマット

Google 動画パートナーで広告を掲載するには、Google 広告の以下のいずれかの目標を選択します。

  • 販売促進
  • 見込み顧客の獲得
  • ウェブサイトのトラフィック
  • 商品やブランドの比較検討
  • ブランド認知度とリーチ

動画広告は Google 動画パートナーでも表示できるフォーマットでなければなりません。サポートされている動画広告フォーマットは次のとおりです。

動画キャンペーンに Google 動画パートナーを含める

Google 動画パートナーは、スキップ可能なインストリーム広告、スキップ不可のインストリーム広告、バンパー広告を使用する動画キャンペーンにデフォルトで含まれています。Google 動画パートナーが含まれる動画キャンペーンを Google 広告で作成する際、[ネットワーク] を展開するとキャンペーンに含まれる広告ネットワークを表示できます。Google 動画パートナーは、[ネットワーク] に [ディスプレイ ネットワークの動画パートナー] と表示されます。

リーチを拡大し、費用対効果を高めるには、動画キャンペーンに Google 動画パートナーを含めることをおすすめします。

有効な動画キャンペーンに Google 動画パートナーが含まれていない場合や、Google 動画パートナーが自動的に含まれない広告フォーマットを動画キャンペーンで使用している場合は、キャンペーン設定を更新します。

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 左側のナビゲーション パネルで [動画キャンペーン] をクリックします。
  3. Google 動画パートナーを含める動画キャンペーンを選択します。
  4. 左側のページメニューで [設定] をクリックします。
  5. [設定] ページで [ネットワーク] をクリックして展開します。
  6. [ディスプレイ ネットワークの動画パートナー] の横にあるチェックボックスをオンにします。
  7. [保存] をクリックすると、Google 動画パートナーで動画キャンペーンを掲載できるようになります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。