類似セグメントをターゲットに追加する

2023 年 5 月 1 日より、類似ユーザー(または類似セグメント)がターゲティング機能として段階的に廃止されます。オーディエンス ターゲティングへの最新の変更についての詳細

類似セグメントによるターゲティングを使用すると、既存のリマーケティング リストのユーザーと同じ特徴を持つユーザーに広告を表示できるようになります。この記事では、このタイプのターゲティングをキャンペーンに追加する方法について説明します。

はじめに

類似セグメントによるターゲティングは、ディスプレイ ネットワーク、検索ネットワーク、YouTube、Gmail、アプリ広告、ファインド広告でご利用いただけます。これらのリストについて詳しくは、ディスプレイ ネットワークでの類似セグメント検索向けの類似セグメントについてをご覧ください。

手順

すべてのキャンペーン:

  1. Google 広告にログインします。
  2. 左側のナビゲーション バーで、任意のキャンペーン、またはターゲットを追加するキャンペーンの名前をクリックします。
  3. ナビゲーション バーの右側にある、ページメニューから [オーディエンス] をクリックします。
  4. 鉛筆アイコン 編集 をクリックします。
  5. [オーディエンスを編集] セクションが表示されます。そのセクションで、[広告グループを選択してください] またはその横の鉛筆アイコン 編集 をクリックします。
  6. [すべてのオーディエンス] ボックスで [リマーケティングと類似セグメント]、リストの種類の順にクリックします。ターゲットに設定するリストを参照して選択します。
    • 類似セグメントのセクションを展開すると、簡単に操作できます。
  7. [保存] をクリックします。

オーディエンス別の入札単価または入札単価調整の設定

スマート自動入札戦略の目標コンバージョン単価か目標広告費用対効果を使用すると、投資収益率が向上し、購入見込みが特に高いユーザーに広告を表示できる機会が増えます。なお、目標広告費用対効果は、検索キャンペーン、ディスプレイ キャンペーン、ショッピング キャンペーンでのみご利用いただけます。スマート自動入札の詳細

: 類似セグメントは、動的顧客開拓にも使用できます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
73067
false
false
false