アプリ キャンペーンでの入札単価の設定について

アプリ キャンペーンでは、ユーザーの獲得やアプリ内ユーザー行動の促進といったキャンペーンの目標に応じて、ターゲット設定や入札単価設定を最適化することができます。この記事では、最適化や入札単価設定のさまざまなアプローチと、目標に応じた入札単価の設定方法について説明します。

また、Android の入札単価シミュレーションの仕組みについても説明します。入札単価シミュレーションとは、Android キャンペーンを作成する際に表示されるグラフのことで、目標インストール単価を決める目安として、類似のアプリのパフォーマンス予想を参照することができます。入札単価シミュレーションを表示するには、Google Play アカウントと Google 広告 アカウントをリンクしてください。

はじめに

アプリ キャンペーンを初めて利用される場合は、まずアプリ キャンペーンについてをお読みください。また、キャンペーンの作成にあたっては、アプリ キャンペーンを作成するの手順を参考にしてください。

仕組み

アプリ キャンペーンを作成する際は、最も価値があるユーザーのタイプに応じてキャンペーンを最適化することができます。アプリ内ユーザー行動の促進を目標にキャンペーンを最適化する場合、Google 広告や Firebase を使用して、該当するユーザー行動をコンバージョン イベントとして設定します。詳しくは、モバイルアプリのコンバージョン トラッキングについてをご覧ください。

すべてのアプリ コンバージョンを簡単にトラッキングするには、Firebase 向け Google アナリティクスを使ってアプリのレポートを作成します。Firebase と Google 広告 をリンクすると、コンバージョンとして設定したアプリ内操作に対して入札単価を設定することができます。詳しくは、Firebase を使ったモバイルアプリ コンバージョンの計測に関する記事をご覧ください。

入札戦略と予算

入札予算に基づいてキャンペーン戦略を立てる方法について説明します。

インストールの獲得を重視する場合

インストールの獲得を重視するキャンペーンでは、アプリのインストールに対する入札単価を設定します。これを目標インストール単価といいます。この単価を設定することで、アプリの新規ユーザーを獲得するために支払う金額を選択することができます。Google 広告の他の機能では、同様の設定を「目標コンバージョン単価」と呼ぶ場合もあります。アプリ キャンペーンにおける「コンバージョン」とは、つまりアプリのインストールや初回起動を指すためです。

入札単価を設定すると、アプリの 1 回のインストールあたりの平均お支払い額がその額となるように調整されます。お客様の予算は、設定した入札単価でできる限り多くのインストールを獲得できるように使われます。たとえば、1 日の予算を 10,000 円、目標インストール単価を 200 円に設定すると、広告経由で 1 日あたり約 50 回のインストールを目指すことになります。

アプリ内ユーザー行動の促進を重視する場合

アプリ内ユーザー行動の促進を重視するキャンペーンでは、アプリのイベントに対して入札単価を設定します。これを目標コンバージョン単価(目標 CPA)と呼びます。この単価を設定することで、指定したイベントの達成見込みが高い新規ユーザー 1 人あたりの獲得に支払う額を指定できます。

入札単価を設定すると、アプリの 1 回のインストールおよびアプリ内での 1 回のユーザー行動あたりの平均お支払い額がその額となるように調整されます。お客様の予算は、設定した入札単価でできる限り多くのインストールを獲得できるように使われます。たとえば、1 日の予算を 30,000 円、目標コンバージョン単価を 1,000 円に設定すると、ご指定のユーザー行動が広告経由で 1 日あたり約 30 回達成されるように目指すことになります。

アプリ内ユーザー行動重視での入札単価の目安

入札戦略を選択するときは、予算内で最大限のコンバージョンが得られるよう、現在の入札単価の平均を当初の入札単価として使用します。この平均値を確認する手順は次のとおりです。

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で「従来版」を選択します。詳細

  1. AdWords アカウントにログインします。
  2. [レポート] タブをクリックします。
  3. [+ レポート] をクリックし、[] を選択します。
  4. 検索ボックスに「コンバージョン」と入力し、[費用 / すべてのコンバージョン] をページの中央までドラッグします。
  5. フィルタ アイコン Filter をクリックします。検索ボックスに「コンバージョン」と入力して [コンバージョン アクション名] を選択し、[適用] をクリックします。
  6. キャンペーンの最適化戦略に関連するアクションを見つけ、そのアクションの [費用 / すべてのコンバージョン] 列で平均を確認します。

入札単価シミュレーションを使用する

インストール数を重視する場合は、入札単価の値を入力するボックスの下に、入札単価の予想を示したグラフが表示されることがあります。ここに表示される 1 週あたりの推定インストール数は、広告経由で達成が見込める数値です。

グラフの X 軸は入札単価(インストール 1 回あたりの合計費用(CPI))で、それぞれの CPI で見込めるインストール数がグラフで表示されます。

  • 特定のインストール数(1 週あたり 700 件など)のデータを確認するには、Y 軸がその数値に該当するグラフ上の点にカーソルを合わせます。
  • そのグラフで見積もられた値を入札単価として設定するには、グラフでその点をクリックするか、表示されるボックス内の [目標インストール単価を適用] をクリックします。どちらの操作でも、上の [入札戦略] ボックスのインストール単価が更新されます。

グラフが表示されない場合は、Google 広告 アカウントと Google Play アカウントがリンクされていることをご確認ください。リンク済みの場合は、キャンペーンのトラフィックがもっと増えてから、改めてキャンペーン設定に戻ってお試しください。キャンペーンの見積もりは、データが十分に蓄積されないと実施できません。

見積もりの信頼区間

グラフには、入札単価の見積もりの点を結ぶ線と、網掛け部分があります。網掛け部分の見積もりは、他より精度が高いものです。網掛け部分は「信頼区間」とも呼ばれます。これは、見積もりや予測の確度の高さを示すものです。このグラフでは、見積もりが正確である確率を割合(%)で示しています。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。