ディスプレイ広告の一般的なサイズについて

ディスプレイ ネットワークを利用し始めたばかりの場合は、最も一般的な広告サイズについてあまりご存知ないかもしれません。この記事では、ご使用いただける広告サイズの例をご紹介します。

レスポンシブ ディスプレイ広告

レスポンシブ ディスプレイ広告は、ディスプレイ ネットワークのデフォルトの広告タイプです。配信先の広告スペースに合わせて、サイズ、表示形式、フォーマットが自動的に調整されます。

これらの広告を作成するには、見出し、ロゴ、画像、説明文(特定のタイプのアセットを複数アップロードできます)などのさまざまな広告アセットを 1 つのクリエイティブにアップロードします。その後、広告がレンダリングされてディスプレイ ネットワーク全体に配信され、インプレッション発生時に掲載結果の高い広告を作成するように最適化されます。

レスポンシブ ディスプレイ広告を使用すると、クリエイティブのテストと最適化の作業が自動で行われるため、広告の掲載結果を向上させることに注力できます。詳しくは、レスポンシブ ディスプレイ広告の作成方法についての記事をご覧ください。

モバイル: 一般的な広告サイズ

下記の例は、ハイエンド モバイル デバイスを対象にしています。

300×250


320x50

320×100

250×250

200×200

パソコン: 一般的な広告サイズ

下記の例は、モバイルではなくパソコンで広告を表示するユーザーを対象にしています。この記事をモバイルで閲覧している場合は、これらのサイズ例が正しく表示されないことがあります。

300×250

336×280

728x90

300×600

160×600

970×90

468×60

250×250

200×200

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。