モバイル広告掲載の 5 つの戦略

日本や米国をはじめとする各国では既に、Google 検索の半分以上がスマートフォン経由で行われています。サイトへのトラフィックの大半はスマートフォンから、という広告主様も少なくないでしょう。

スマートフォンは検索以外にもさまざまな場面で活用されています。モバイル広告を有効活用することで、電話による問い合わせ、アプリのダウンロード、モバイルサイトへのアクセスなどを促すことができます。この記事では、モバイル向けウェブサイトの構築など、モバイル ユーザーへのアプローチのヒントをご紹介します。

1. モバイル向けウェブサイトを作成する

まずは、モバイル向けウェブサイトを作成しましょう。モバイル速度テストを実施し、モバイルサイト構築やレスポンシブ ウェブデザインのヒントをご確認ください。
効果的なモバイルサイトを作成するサイトをテスト

2. モバイル広告を作成する

一口に「モバイル広告」と言っても、そのフォーマットは様々です。最も一般的なのはテキスト広告ですが、その他にもイメージ広告や動画広告、アプリ訴求広告など様々な広告フォーマットが用意されています。
モバイル広告について | モバイル検索向けに広告を調整する

3. モバイルにおけるターゲティング

モバイル向けの広告では、モバイル ユーザーの行動を意識してターゲティングを設定しましょう。たとえば検索ネットワークでは、過去にモバイル ユーザーのエンゲージメントに貢献した検索語句を調べ、キーワードとして設定すると良いでしょう。
モバイルに適したキーワードを見つける(英語)モバイルアプリ内に広告を掲載する 

4. モバイル端末向けの入札単価を高くする

モバイル端末向けの入札単価を自動的に高くするように、モバイルの入札単価調整を設定しましょう。すると、モバイル端末に広告が表示される機会が多くなります。
成功する入札戦略: モバイルの入札単価調整 | モバイルの入札単価調整を設定する(英語)

5. 「その瞬間」を逃さないために

広告をしばらく掲載したら、掲載結果を分析してさらなる成果につなげましょう。次の記事では、モバイル広告をさらに活用するためのヒントを説明しています。
Micro-Moments(マイクロ モーメント)について | 効果的なモバイル広告を作成する: Google がおすすめする実践的な手法



もっと詳しく知りたい方へ
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。