Google アナリティクスのアプリ + ウェブ プロパティのアプリ コンバージョンを測定する(Firebase SDK 経由)

Google アナリティクスのアプリ + ウェブ プロパティは現在ベータ版です。詳細

Google 広告と Google アナリティクスのアプリ + ウェブ プロパティをリンクすると、アプリ + ウェブ プロパティからコンバージョン(Firebase SDK 経由で収集したコンバージョンを含む)をインポートして、Android アプリや iOS アプリのインストールやアプリ内ユーザー行動の促進に、広告がどの程度役立っているかを確認できるようになります。

この記事では、Google広告で Google アナリティクス アプリ + ウェブのアプリ コンバージョン イベントを(Firebase SDK 経由で)インポート、設定する方法について説明します。

: ウェブ コンバージョンの測定方法については、Google アナリティクスのアプリ + ウェブ プロパティのウェブ コンバージョンを測定するをご覧ください。

はじめに

アプリ コンバージョンをインポートするには、事前にさまざまな測定の準備を行う必要があります。

Google アナリティクスのアプリ + ウェブ プロパティを使用している場合

  • Google アナリティクスのアプリ + ウェブ プロパティ: このプロパティは Google アナリティクスで設定できます。プロパティの設定には Google アナリティクス アカウントの「編集」権限が必要です。Google アナリティクスでのプロパティ設定の詳細
  • Google アナリティクスのアプリ + ウェブ プロパティのアプリデータ ストリーム: アプリデータ ストリームを追加すると、アプリのデータを測定できます。アプリデータ ストリームの追加の詳細
  • Google アナリティクス アプリ + ウェブのコンバージョン イベント: アプリ内購入と初回起動のイベントは、コンバージョン イベントとして自動的に有効になります。コンバージョン イベントの詳細

Firebase プロジェクトを使用している場合

クロスアカウント コンバージョン トラッキングを使用して、クライアント センター(MCC)アカウントでコンバージョンを測定する場合は、Google アナリティクスのアプリ + ウェブ プロパティまたは Firebase プロジェクトを MCC アカウントにリンクして、コンバージョンをインポートする必要があります。

手順

  1. Google 広告にログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン  をクリックします。
  3. [測定] で [コンバージョン] をクリックします。
  4. プラスボタン をクリックします。
  5. コンバージョンの種類として [アプリ] を選択します。

    : コンバージョンの種類として [インポート] を選択し、[Google アナリティクス アプリ + ウェブ] > [アプリ] を選択する方法でも、アプリ コンバージョンをインポートできます。
     
  6. [Google アナリティクス アプリ + ウェブ(Firebase)] のボタンをクリックして、[続行] をクリックします。
  7. インポートする各イベントの横にあるチェックボックスをオンにして、[インポートして続行] をクリックします。
  8. [完了] をクリックします。

これで、[コンバージョン アクション] の表にアプリ コンバージョン イベントが表示されます。イベントの名前をクリックすると詳細が表示され、コンバージョン アクションの設定を編集できます。

[キャンペーン] の表でセグメント アイコン  > [コンバージョンの発生元] をクリックしても、アプリ コンバージョンのデータを確認できます。「コンバージョンの発生元」セグメントを追加すると、[Firebase] 行にアプリ コンバージョンが表示されます。
 

初回起動

  • 名前: 測定するコンバージョン アクションの名前を入力します。後でコンバージョン レポートに表示されたときに識別しやすい名前を付けてください。
  • 値: インストール 1 回あたりの値を入力します。値を測定しない場合は、[値を設定しない] を選択します。コンバージョン値の詳細
  • コンバージョン列に含める: このコンバージョン アクションのデータをレポートの [コンバージョン] 列(または、この列を使用する自動入札戦略)に含めない場合は、この設定を無効にします(iOS ではデフォルトで有効、Android ではデフォルトで無効になっています)。自動入札戦略を使用してコンバージョンを最適化している場合、この設定を使用すると、どのコンバージョン アクションを自動入札戦略に含めるかを指定できます。コンバージョンの重複カウントを防止するには、各アプリでイベントごとにコンバージョン アクションを 1 つだけ追加するようにします。[コンバージョン列に含める] 設定の詳細

    注: 初回起動については、各アプリでコンバージョン列に含めるイベントとして設定する必要があります。

アプリ内購入

  • 名前: 測定するコンバージョン アクションの名前を入力します。後でコンバージョン レポートに表示されたときに識別しやすい名前を付けてください。
  • カウント方法: 1 回の広告クリックから発生したコンバージョンをすべてカウントするか、1 回としてカウントするかを選択します。コンバージョンのカウント方法の詳細
  • コンバージョン計測期間: 広告がクリックされた後、コンバージョンを計測する期間を選択します。計測期間の詳細
  • コンバージョン列に含める: このコンバージョン アクションのデータをレポートの [コンバージョン] 列に含めない場合は、この設定を無効にします(デフォルトでは有効です)。自動入札戦略によるコンバージョン重視の最適化で、このコンバージョン アクションを入札戦略に含めたくない場合も、この設定を無効にしてください。[コンバージョン列に含める] 設定の詳細

    注: 自動的に測定されるアプリ内購入は、Google アナリティクス アプリ + ウェブで(Firebase SDK を通じて)デフォルトで測定されます。その他のすべてのコンバージョン アクションも、設定に従って測定できますが、その場合は手動で実装していただく必要があります。

その他すべてのコンバージョン アクション(e コマース イベントなど)

  • 名前: 測定するコンバージョン アクションの名前を入力します。後でコンバージョン レポートに表示されたときに識別しやすい名前を付けてください。
  • 値: 各コンバージョン イベントの値が Google アナリティクス アプリ + ウェブで(Firebase SDK を通じて)測定され、Google 広告に自動的にインポートされます。Google 広告でデフォルトの値を設定することもできます。なお、Google 広告でコンバージョンを測定するには、値を数値として送信する必要があります。コンバージョン値の詳細
  • カウント方法: 1 回の広告クリックから発生したコンバージョンをすべてカウントするか、1 回としてカウントするかを選択します。「全件」は購入や販売に、「初回のみ」は見込み顧客の獲得に最適です。コンバージョンのカウント方法の詳細
  • コンバージョン計測期間: 広告がクリックされた後、コンバージョンを計測する期間を選択します。計測期間の詳細
  • カテゴリ: 対象のコンバージョンに最も当てはまるカテゴリを選択します。このカテゴリを使ってコンバージョン レポートを分割表示できます。
  • コンバージョン列に含める: このコンバージョン アクションのデータをレポートの [コンバージョン] 列に含めない場合は、この設定を無効にします(デフォルトでは有効です)。自動入札戦略によるコンバージョン重視の最適化で、このコンバージョン アクションを入札戦略に含めたくない場合も、この設定を無効にしてください。[コンバージョン列に含める] 設定の詳細

コンバージョンの重複について

同じアプリのインストールを複数のアプリ コンバージョン アクションで測定している場合、コンバージョン アクションの [コンバージョン列に含める] 設定に警告が表示されます。これらの複数のコンバージョン アクションが、同一バージョンのアプリを測定している場合は、いずれか 1 つのみ [コンバージョン列に含める] を有効にし、その他はすべて無効にすることをおすすめします。これで、1 回のアプリ インストールが 1 コンバージョンとしてカウントされ、Google 広告の [コンバージョン] 列に表示されます。特に、自動入札戦略を使用してコンバージョンを最適化している場合は、同じアプリのインストールが 2 件のコンバージョンとみなされないようにすることが重要です。

2 つのコンバージョン アクションのコードがそれぞれ異なるバージョンのアプリに挿入されている場合は、いずれかを [コンバージョン] 列から削除する必要はありません。Google 広告 SDK から Firebase へ移行する場合は、以下の説明をお読みください。

注: 広告掲載の範囲が限られているため、Google 広告 for iOS の検索キャンペーンではコンバージョンがレポートされません。

注: Google 広告 SDK から Firebase への移行

現在 Google 広告 SDK をご利用の場合は、コンバージョン トラッキングのソリューションとして Firebase への移行をおすすめします。以下の手順に従って、新しいコンバージョン コードを挿入してください。

上述のように、Firebase SDK を追加し、アプリの新しいバージョンから Google 広告 SDK を削除します。必要であれば、Firebase SDK と Google 広告 SDK のコンバージョン アクションを両方とも、[コンバージョン] 列に含めることができます。その場合、古いコンバージョン アクションは引き続き、前バージョンのアプリのコンバージョンをカウントします。Firebase のコンバージョン アクションは、新しいバージョンのアプリのコンバージョンをカウントします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。