動画キャンペーンについて

動画キャンペーンでは、YouTube や Google ディスプレイ ネットワーク上で、お客様自身やその他のストリーミング動画コンテンツに動画広告を表示できます。

この記事では、動画キャンペーンの各種コンポーネントとその使用方法を説明します。詳しくは、Google 広告 で動画キャンペーンを作成する方法をご覧ください。

仕組み

利用できる動画広告フォーマットには、インストリーム広告、TrueView ディスカバリー広告、スキップ不可のインストリーム広告、アウトストリーム広告、バンパー広告などがあります。TrueView ディスカバリー広告は YouTube にのみ表示されます。

インストリーム広告は、YouTube やディスプレイ ネットワークのウェブサイト、ゲーム、アプリ上で配信される動画の前後や途中に表示されます。また、YouTube 以外のサイトに埋め込まれた YouTube 動画にも配信されます。再生開始から 5 秒が経過すると、ユーザーは広告をスキップできるようになります。

TrueView ディスカバリー広告は、ユーザーが YouTube でコンテンツを探している場面でのみ表示されます。表示形式は、サイトが対応している広告のサイズやフォーマットによって異なります。ユーザーが広告のサムネイル画像をクリックすると、YouTube の動画再生ページやチャンネル ページで動画が再生されます。

アウトストリーム広告はパートナー サイトに表示されます。これらの広告は、モバイルとタブレットでのみ表示され、動画をタップして再生する操作が簡単になるように設計されています。アウトストリーム広告は、YouTube 以外でもユーザーに動画広告を表示することで、ブランド認知度を高めるために役立ちます。

スキップ不可のインストリーム広告は、メッセージ全体をユーザーに伝えることを目的とするスキップ不可能な広告フォーマットです。スキップ不可のインストリーム広告の長さは 15 秒以下で、ユーザーは広告をスキップできません。

バンパー広告は、簡潔で印象的なメッセージを使用して幅広いユーザーにリーチし、お客様のブランドの認知度を高めることを目的とする短い動画広告フォーマットです。バンパー広告の長さは 6 秒以下で、ユーザーは広告をスキップできません。

動画広告フォーマットの概要を確認する

このタイプのキャンペーンがふさわしいケース

  • YouTube や Google ディスプレイ ネットワークに動画広告を掲載したい場合
  • Google のご利用歴が浅い方から長い方まで、すべての広告主様におすすめ

動画広告を掲載するのは難しく感じるかもしれませんが、動画キャンペーンを使うと設定や管理を簡単に行えます。動画キャンペーンでは、自分の YouTube アカウントの動画を使用して、Google 広告 の他のキャンペーンと同じように動画広告の掲載結果を確認したり、動画のターゲット設定を微調整したりできます。

動画広告の掲載結果の詳細

動画広告のターゲティングの詳細

レストランを開店したばかりなので、食べ物に関心のあるユーザーを対象にお店の認知度を上げたいとします。

「動画」キャンペーンを選択すると、特定の料理に関するブログやレストランのレビューサイトなど、食べ物に関係するウェブサイトを訪れたユーザーに対して広告を表示できます。また、レストランで提供しているメニューに関する動画を YouTube で視聴しているユーザーに対しても広告を表示できます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。