動画広告の自動終了画面について

モバイル向け終了画面動画広告に自動終了画面を設定すると、動画の終わりに商品やサービスに関する情報を紹介する画面が自動的に生成されて表示されるため、動画広告がインタラクティブなものになります。この画面は動画の再生後に数秒間表示されます。

終了画面は、モバイルアプリのインストールや商品の購入などのアクションを促すことができるため、キャンペーンの目標達成に役立ちます。

動画広告の最後に自動終了画面を表示しても、広告の請求方法や再生回数のカウント方法は変わりません。動画を最後まで見終わった直後に表示され、ユーザーのエンゲージメントにつながる可能性が高まるだけです。

 

注: この記事は、Google 広告の特定の動画広告で利用できる、自動生成の終了画面に関するものです。YouTube 動画に手動で終了画面を追加することもできます。YouTube 動画の終了画面の追加について

機能

自動終了画面は有効な動画広告の再生後にデフォルトで表示されます。この画面は、キャンペーンの情報を使用して自動的に生成されます。たとえば、モバイルアプリのインストール キャンペーンの場合、自動終了画面にはアプリの名前、アイコン、価格などの詳細情報と、アプリのインストールを促すリンクが表示されます。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。