自動作成のデータ セグメントについて

オーディエンスの全体像を 1 か所で把握し、オーディエンスの管理と最適化を簡素化するために、Google 広告では次のような改善が行われます。

  • 新しいオーディエンス レポート
    オーディエンスのユーザー属性、セグメント、除外設定に関する詳細情報が、ページ左側のナビゲーション メニューの [オーディエンス] タブにまとめられます。このレポートページから、オーディエンスを簡単に管理することもできます。詳しくは、オーディエンス レポートについての記事をご覧ください。
  • 新しい用語
    オーディエンス レポート内と Google 広告全体で新しい用語が使用されます。たとえば、「オーディエンス タイプ」(類似、カスタム、購買意向、アフィニティなど)はオーディエンス セグメントに、「リマーケティング」は「広告主様のデータ」にそれぞれ変更されます。オーディエンスに関する用語やフレーズの更新をご覧ください

ウェブサイト訪問者とアプリユーザーをトラッキングするためのグローバル サイトタグをウェブサイトに設置している場合、「すべての訪問者」や「ショッピング カートを放棄したユーザー」といったデータ セグメントが、デフォルトで自動的に作成されるようになります。これらのセグメントを活用すると、広告グループですぐにターゲティングを始めることができます。この記事では、自動作成のデータ セグメントの概要とその仕組みを説明します。

はじめに

これらの仕組みを理解するには、データ セグメントについてをご確認ください。グローバル サイトタグのコードにカスタム パラメータを挿入する方法については、カスタム パラメータの利用方法をご覧ください。

仕組み

ウェブサイトにグローバル サイトタグを追加すると、データ セグメントのルールと条件に基づいてデータ セグメントに訪問者が追加されます。動的リマーケティングの場合、タグのカスタム パラメータとサイトでのユーザー アクションに基づいて、さらに細かいデータ セグメントが作成されます。

pagetype カスタム パラメータを使用すると、広告で宣伝しているウェブサイトの種類を区別できます。このカスタム パラメータには、ページでのアクションごとに固有の値を追加できます。たとえば、ホームページにアクセスしたユーザーのデータ セグメントを作成するには、カスタム パラメータの値として 'home' を指定したタグをホームページに配置します。

留意点

グローバル サイトタグによって、ユーザーがどのデータ セグメントに追加されるかが直接決まります。そのため、グローバル サイトタグを設定する際はカスタム パラメータの名前と値を正しく使用することが重要です。データ セグメントは、デフォルトのセグメントを広告グループのターゲティングに追加することも、ルールに基づいて独自のセグメントを作成することもできます。ただし、デフォルトのデータ セグメントを削除することはできません。

How to Create Effective Remarketing Lists

Learn how to create effective remarketing lists on the Google Display Network. In this video, we'll uncover how to create different lists based on each customer’s journey through your website so that you can target them with different bids or ads.

重要

ウェブサイトにタグを追加する際、テンプレートのカスタム パラメータの名前や値を翻訳しないでください。デフォルトのデータ セグメントは、英語のパラメータ名に基づいて自動的に作成されます。たとえば、ショッピング カートがあるページの pagetype パラメータの値は cart にする必要があります。「basket」(イギリス英語)や「カート」(日本語)にしないでください。

業種を区別しないデフォルトのセグメント

デフォルトのデータ セグメント 説明 タグ情報
すべての訪問者 過去にお客様のサイトやアプリを訪れたユーザー このセグメントは、ウェブサイトおよびアプリで使用しているタグの全パラメータの値に基づいてデータが入力されます。
コンバージョンに至ったすべてのユーザー ウェブサイトでコンバージョンに至ったすべてのユーザー このセグメントは、コンバージョン トラッキング タグに基づいて自動的にデータが入力されます。コンバージョン トラッキングを設定していない場合、このセグメントは空になります。
Google 広告の最適化セグメント このリストは、複数のオーディエンス ソースからセグメントを取得し、1 つのデータ セグメントに統合する組み合わせセグメントです。 このセグメントを作成するには、[オーディエンス ソース] ページで少なくとも 1 つのデータソースをリンクさせるか、手順に沿って Google 広告データ セグメントを作成する必要があります。

特定業種向けのデフォルトのデータ セグメント

教育

以下のデータ セグメントは、教育関連のウェブサイトに最も効果的です。教育関連プログラムの広告を配信している場合は、グローバル サイトタグに edu_pagetype パラメータを含めてください。そうすることで、該当ページが「教育」に分類されます。セグメントの種類ごとのカスタム パラメータの値(edu_pagetype='home' など)については、以下をご覧ください。

デフォルトのデータ セグメント 説明 タグ情報
サイトにアクセスしたユーザー ウェブサイトやアプリにアクセスしたものの、特定のコースやプログラムのページを閲覧しなかったユーザー。このセグメントには、他のセグメント(教育関連のプログラムを検索したユーザー、教育関連のプログラム ページを閲覧したユーザー、コンバージョンを放棄したユーザー、コンバージョンに至ったことがあるユーザー)に入っているユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、サイト内の全ページのグローバル サイトタグに edu_pagetype タグを含めてください。設定する値('home' など)がないページでは、値を空のままにします。
教育関連のプログラムを検索したユーザー サイトでコースやプログラムを検索したユーザー。このセグメントには、教育関連のプログラム ページを閲覧したユーザー、コンバージョンを放棄したユーザー、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、検索結果ページのグローバル サイトタグに edu_pagetype='searchresults' を含めてください。
教育関連のプログラム ページを閲覧したユーザー サイトで特定のコースやプログラムのページを閲覧したユーザー。このセグメントには、コンバージョンを放棄したユーザーと、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、コースまたはプログラムのページのグローバル サイトタグに edu_pagetype='program' を含めてください。
コンバージョンを放棄したユーザー 問い合わせフォームの入力まで進んだものの、送信しなかったユーザー。このセグメントには、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、フォームページのグローバル サイトタグに edu_pagetype='lead' を含めてください。
コンバージョンに至ったことがあるユーザー フォームを送信したことがあるユーザー このセグメントにデータを入力するには、コンバージョン ページのグローバル サイトタグに edu_pagetype='complete' を含めてください。
フライト

以下のデータ セグメントは、フライト予約サイトに最も効果的です。フライト予約サイトの広告を配信している場合は、グローバル サイトタグに flight_pagetype パラメータを含めてください。そうすることで、該当ページが「フライト」に分類されます。セグメントの種類ごとのカスタム パラメータの値(flight_pagetype='home' など)については、以下をご覧ください。

デフォルトのデータ セグメント 説明 タグ情報
サイトにアクセスしたユーザー ウェブサイトやアプリにアクセスしたものの、特定のフライトのページを閲覧しなかったユーザー。このセグメントには、他のセグメント(フライトを検索したユーザー、フライトのページを閲覧したユーザー、コンバージョンを放棄したユーザー、コンバージョンに至ったことがあるユーザー)に入っているユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、サイト内の全ページのグローバル サイトタグに flight_pagetype タグを含めてください。設定する値('home' など)がないページでは、値を空のままにします。
フライトを検索したユーザー サイトでフライトを検索したユーザー。このセグメントには、フライトのページを閲覧したユーザー、コンバージョンを放棄したユーザー、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、検索結果ページのグローバル サイトタグに flight_pagetype='searchresults' を含めてください。
フライトのページを閲覧したユーザー サイトで特定のフライトのページを閲覧したユーザー。このセグメントには、コンバージョンを放棄したユーザーと、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、フライトの詳細ページのグローバル サイトタグに flight_pagetype='offerdetail' を含めてください。
コンバージョンを放棄したユーザー チケットの購入手続きまで進んだものの、フライトを予約しなかったユーザー。このセグメントには、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、購入手続きページのグローバル サイトタグに flight_pagetype='cart' を含めてください。
コンバージョンに至ったことがあるユーザー フライトを予約したことがあるユーザー このセグメントにデータを入力するには、予約確認ページのグローバル サイトタグに flight_pagetype='purchase' を含めてください。
ホテルや賃貸物件

以下のセグメントは、ホテルや賃貸物件の予約サイトに最も効果的です。部屋や物件の予約サイトの広告を配信している場合は、グローバル サイトタグに hrental_pagetype パラメータを含めてください。そうすることで、該当ページが「ホテルや賃貸物件」に分類されます。セグメントの種類ごとのカスタム パラメータの値(hrental_pagetype='home' など)については、以下をご覧ください。

デフォルトのデータ セグメント 説明 タグ情報
サイトにアクセスしたユーザー ウェブサイトやアプリにアクセスしたものの、特定のホテルや賃貸物件のページを閲覧しなかったユーザー。このセグメントには、他のセグメント(ホテルや賃貸物件を検索したユーザー、ホテルや賃貸物件のページを閲覧したユーザー、コンバージョンを放棄したユーザー、コンバージョンに至ったことがあるユーザー)に入っているユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、サイト内の全ページのグローバル サイトタグに hrental_pagetype タグを含めてください。設定する値('home' など)がないページでは、値を空のままにします。
ホテルや賃貸物件を検索したユーザー サイトでホテルや賃貸物件を検索したユーザー。このセグメントには、ホテルや賃貸物件のページを閲覧したユーザー、コンバージョンを放棄したユーザー、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、検索結果ページのグローバル サイトタグに hrental_pagetype='searchresults' を含めてください。
ホテルや賃貸物件のページを閲覧したユーザー サイトで特定のホテルや賃貸物件のページを閲覧したユーザー。このセグメントには、コンバージョンを放棄したユーザーと、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、ホテルや賃貸物件のページのグローバル サイトタグに hrental_pagetype='offerdetail' を含めてください。
コンバージョンを放棄したユーザー ホテルや賃貸物件の予約手続きまで進んだものの、予約完了には至らなかったユーザー。このセグメントには、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、予約ページのグローバル サイトタグに hrental_pagetype='conversionintent' を含めてください。
コンバージョンに至ったことがあるユーザー ホテルや賃貸物件を予約したことがあるユーザー このセグメントにデータを入力するには、確認ページのグローバル サイトタグに hrental_pagetype='conversion' を含めてください。
求人

以下のセグメントは、求人サイトに最も効果的です。求人情報を掲載するウェブサイトの広告を配信している場合は、グローバル サイトタグに job_pagetype パラメータを含めてください。そうすることで、該当ページが「求人」に分類されます。セグメントの種類ごとのカスタム パラメータの値(job_pagetype='home' など)については、以下をご覧ください。

デフォルトのデータ セグメント 説明 タグ情報
サイトにアクセスしたユーザー ウェブサイトやアプリにアクセスしたものの、特定の求人情報を閲覧しなかったユーザー。このセグメントには、他のセグメント(求人情報を検索したユーザー、求人情報のページを閲覧したユーザー、コンバージョンを放棄したユーザー、コンバージョンに至ったことがあるユーザー)に入っているユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、サイト内の全ページのグローバル サイトタグに job_pagetype タグを含めてください。設定する値('home' など)がないページでは、値を空のままにします。
求人情報を検索したユーザー サイトで求人情報を検索したユーザー。このセグメントには、求人情報のページを閲覧したユーザー、コンバージョンを放棄したユーザー、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、検索結果ページのグローバル サイトタグに job_pagetype='searchresults' を含めてください。
求人情報のページを閲覧したユーザー サイトで特定の求人情報のページを閲覧したユーザー。このセグメントには、コンバージョンを放棄したユーザーと、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、求人情報ページのグローバル サイトタグに job_pagetype='offerdetail' を含めてください。
コンバージョンを放棄したユーザー 採用担当者への問い合わせフォームの入力や手続きまで進んだものの、送信しなかったユーザー。このセグメントには、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、フォームページのグローバル サイトタグに job_pagetype='conversionintent' を含めてください。
コンバージョンに至ったことがあるユーザー フォームを送信したか採用担当者に問い合わせたことがあるユーザー このセグメントにデータを入力するには、フォームの確認ページのグローバル サイトタグに job_pagetype='conversion' を含めてください。
地域限定の商品やサービス

以下のセグメントは、地域限定の商品やサービスを掲載しているウェブサイトに最も効果的です。地域ビジネスが提供する商品やサービスを掲載しているウェブサイトの広告を配信している場合は、グローバル サイトタグに local_pagetype パラメータを含めてください。そうすることで、該当ページが「地域限定の商品やサービス」に分類されます。セグメントの種類ごとのカスタム パラメータの値(local_pagetype='home' など)については、以下をご覧ください。

デフォルトのデータ セグメント 説明 タグ情報
サイトにアクセスしたユーザー ウェブサイトやアプリにアクセスしたものの、特定の地域限定の商品やサービスのページを閲覧しなかったユーザー このセグメントにデータを入力するには、サイト内の全ページのグローバル サイトタグに local_pagetype タグを含めてください。設定する値('home' など)がないページでは、値を空のままにします。
地域限定の商品やサービスを検索したユーザー サイトで地域限定の商品やサービスを検索したユーザー。このセグメントには、地域限定の商品やサービスのページを閲覧したユーザー、コンバージョンを放棄したユーザー、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、検索結果ページのグローバル サイトタグに local_pagetype='searchresults' を含めてください。
地域限定の商品やサービスのページを閲覧したユーザー サイトで特定の地域限定の商品やサービスのページを閲覧したユーザー。このセグメントには、コンバージョンを放棄したユーザーと、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、地域限定の商品やサービスのページのグローバル サイトタグに local_pagetype='offerdetail' を含めてください。
コンバージョンを放棄したユーザー 地域限定の商品やサービスの購入手続きまで進んだものの、購入完了には至らなかったユーザー。このセグメントには、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、フォームページのグローバル サイトタグに local_pagetype='conversionintent' を含めてください。
コンバージョンに至ったことがあるユーザー 地域限定の商品やサービスを購入したことがあるユーザー このセグメントにデータを入力するには、購入確認ページのグローバル サイトタグに local_pagetype='conversion' を含めてください。
小売

以下のセグメントは、e コマースサイトや小売サイトに最も効果的です。商品を販売するウェブサイトの広告を配信している場合は、グローバル サイトタグに ecomm_pagetype パラメータを含めてください。そうすることで、該当ページが「小売」に分類されます。セグメントの種類ごとのカスタム パラメータの値(ecomm_pagetype='home' など)については、以下をご覧ください。

デフォルトのデータ セグメント 説明 タグ情報
サイトにアクセスしたユーザー ecomm_pagetype='product''cart''purchase' のどれにも指定されていないページにアクセスしたユーザー。このセグメントには、他のセグメント(商品ページを閲覧したユーザー、ショッピング カートを放棄したユーザー、購入歴のあるユーザー)に含まれるユーザーを除く、サイトにアクセスしたすべてのユーザーが含まれます。 このセグメントにデータを入力するには、サイト内の全ページのグローバル サイトタグに ecomm_pagetype タグを含めてください。設定する値('home' など)がないページでは、値を空のままにします。
商品ページを閲覧したユーザー サイト上の特定の商品ページを閲覧したユーザー。このセグメントには、ショッピング カートを放棄したユーザーと、購入歴のあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、商品ページのグローバル サイトタグに ecomm_pagetype='product' を含めてください。
注: サイトで商品を閲覧したユーザーは自動的にこのセグメントに追加されます。
ショッピング カートを放棄したユーザー ショッピング カートに商品を追加したものの、購入には至らなかったユーザー。このセグメントには、購入歴のあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、カートページのグローバル サイトタグに ecomm_pagetype='cart' を含めてください。
購入歴のあるユーザー 商品を購入したことがあるユーザー このセグメントにデータを入力するには、購入確認ページのグローバル サイトタグに ecomm_pagetype='purchase' を含めてください。
不動産

以下のセグメントは、不動産や物件を掲載しているウェブサイトに最も効果的です。販売用の土地や建物を掲載しているウェブサイトの広告を配信している場合は、グローバル サイトタグに listing_pagetype パラメータを含めてください。そうすることで、該当ページが「不動産」に分類されます。セグメントの種類ごとのカスタム パラメータの値(listing_pagetype='home' など)については、以下をご覧ください。

デフォルトのデータ セグメント 説明 タグ情報
サイトにアクセスしたユーザー ウェブサイトやアプリにアクセスしたものの、特定の不動産や物件のページを閲覧しなかったユーザー。このセグメントには、他のセグメント(不動産や物件を検索したユーザー、不動産や物件のページを閲覧したユーザー、コンバージョンを放棄したユーザー、コンバージョンに至ったことがあるユーザー)に入っているユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、サイト内の全ページのグローバル サイトタグに listing_pagetype タグを含めてください。設定する値('home' など)がないページでは、値を空のままにします。
不動産や物件を検索したユーザー サイトで不動産や物件を検索したユーザー。このセグメントには、不動産や物件のページを閲覧したユーザー、コンバージョンを放棄したユーザー、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、検索結果ページのグローバル サイトタグに listing_pagetype='searchresults' を含めてください。
不動産や物件のページを閲覧したユーザー サイトで特定の不動産や物件のページを閲覧したユーザー。このセグメントには、コンバージョンを放棄したユーザーと、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、リスティング ページのグローバル サイトタグに listing_pagetype='offerdetail' を含めてください。
コンバージョンを放棄したユーザー 予約フォームの入力や予約の手続きを開始したものの、送信しなかったユーザー。このセグメントには、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、フォームページのグローバル サイトタグに listing_pagetype='conversionintent' を含めてください。
コンバージョンに至ったことがあるユーザー フォームを送信したか予約をしたことがあるユーザー このセグメントにデータを入力するには、確認ページのグローバル サイトタグに listing_pagetype='conversion' を含めてください。
旅行

以下のデータ セグメントは、旅行ウェブサイトに最も効果的です。旅行商品やスペシャル オファーを購入または予約できるウェブサイトの広告を配信している場合は、グローバル サイトタグに travel_pagetype パラメータを含めてください。そうすることで、該当ページが「旅行」に分類されます。セグメントの種類ごとのカスタム パラメータの値(travel_pagetype='home' など)については、以下をご覧ください。

デフォルトのデータ セグメント 説明 タグ情報
サイトにアクセスしたユーザー ウェブサイトやアプリにアクセスしたものの、特定の旅行プランのページを閲覧しなかったユーザー。このセグメントには、他のセグメント(旅行商品を検索したユーザー、旅行商品のページを閲覧したユーザー、コンバージョンを放棄したユーザー、コンバージョンに至ったことがあるユーザー)に入っているユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、サイト内の全ページのグローバル サイトタグに travel_pagetype タグを含めてください。設定する値('home' など)がないページでは、値を空のままにします。
旅行商品を検索したユーザー サイトで旅行プランを検索したユーザー。このセグメントには、旅行商品のページを閲覧したユーザー、コンバージョンを放棄したユーザー、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、検索結果ページのグローバル サイトタグに travel_pagetype='searchresults' を含めてください。
旅行商品のページを閲覧したユーザー サイトで特定の旅行プランのページを閲覧したユーザー。このセグメントには、コンバージョンを放棄したユーザーと、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、旅行プランのページのグローバル サイトタグに travel_pagetype='offerdetail' を含めてください。
コンバージョンを放棄したユーザー 旅行プランの予約手続きまで進んだものの、予約完了には至らなかったユーザー。このセグメントには、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、予約フォームページのグローバル サイトタグに travel_pagetype='conversionintent' を含めてください。
コンバージョンに至ったことがあるユーザー 旅行プランを予約したことがあるユーザー このセグメントにデータを入力するには、予約確認ページのグローバル サイトタグに travel_pagetype='conversion' を含めてください。
カスタム

上記のどの業種にも該当しないウェブサイトの広告を配信している場合は、dynx_pagetype パラメータを使用することができます。セグメントの種類ごとのカスタム パラメータの値(dynx_pagetype='home' など)については、以下をご覧ください。

デフォルトのデータ セグメント 説明 タグ情報
サイトにアクセスしたユーザー ウェブサイトやアプリにアクセスしたものの、特定のページを閲覧しなかったユーザー。このセグメントには、他のセグメント(サイトを検索したユーザー、商品やサービスのページを閲覧したユーザー、コンバージョンを放棄したユーザー、コンバージョンに至ったことがあるユーザー)に入っているユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、サイト内の全ページのグローバル サイトタグに dynx_pagetype タグを含めてください。設定する値('home' など)がないページでは、値を空のままにします。
サイトを検索したユーザー サイトを検索したユーザー。このセグメントには、商品やサービスのページを閲覧したユーザー、コンバージョンを放棄したユーザー、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、検索結果ページのグローバル サイトタグに dynx_pagetype='searchresults' を含めてください。
商品やサービスのページを閲覧したユーザー サイト上の特定のページを閲覧したユーザー。このセグメントには、コンバージョンを放棄したユーザーと、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、商品やサービスのページのグローバル サイトタグに dynx_pagetype='offerdetail' を含めてください。
コンバージョンを放棄したユーザー コンバージョンや購入の手続きまで進んだものの、完了には至らなかったユーザー。このセグメントには、コンバージョンに至ったことがあるユーザーは含まれません。 このセグメントにデータを入力するには、カートページまたはフォームページのグローバル サイトタグに dynx_pagetype='conversionintent' を含めてください。
コンバージョンに至ったことがあるユーザー コンバージョンまたは購入に至ったことがあるユーザー このセグメントにデータを入力するには、購入確認ページのグローバル サイトタグに dynx_pagetype='conversion' を含めてください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false
false