「検索広告」理解度テストの学習ガイド

検索広告の傾向と機会

Google は、広告主に実用的なデータを提供できるよう検索エンジンを分析しています。ユーザーが入力する検索キーワードや、商品を購入したいと思う場所など、検索パターンを把握することで、広告主は、商品を探しているユーザーにも、購入を決めたユーザーにも、より効果的に広告を作成してターゲティングを行い、より多くのユーザーに広告を表示することができます。

ローカル広告での検索の使用

ほとんどの消費者は、近くのレストランや特定商品の在庫がある近くの販売店など、地元で探したいものを検索しています。消費者 5 人のうち 4 人は、住んでいる都市や郵便番号、また身近な地域向けにカスタマイズされた情報が得られる検索広告を望んでいます(出典)。

ある調査によると、スマートフォンで地域情報を検索したユーザーの約半数、および、パソコンまたはタブレットで検索したユーザーの 34 % が、その日のうちに店舗を訪れています(出典)。ユーザーは商品情報を片手に、よく実店舗を訪問しているのです。

これは、検索広告で住所表示オプションを利用することが有効であることを示しています。また、地域の入札単価調整を利用し、都市や郵便番号などに基づく特定のエリアの入札単価を細かく調整することもできます。消費者がサイトやアプリに訪れた際の対応として、店舗へのわかりやすい地図、在庫、価格情報も忘れずに掲載しましょう。

また、消費者は思いついてから調査、購入、購入後にいたるまで、商品購入プロセスの全体を通じて検索を行っています(出典)。つまり、広告主はさまざまなところで潜在顧客と接点を持ち、アピールできるということです。各接点を確認し、地元のマーケットに合わせて利便性を調整できるか考えてみましょう。

モバイル広告と検索

スマートフォンは、もはや通信するためのツールではなく、製品やサービスの検索や購入にも使用され、忙しい生活に欠かせないツールとなっています。

このため、広告主にとってモバイル広告は非常に有効になっています。また、調査では消費者がこのような広告を歓迎していることもわかっています。59 % のユーザーはモバイル広告が役立つ情報である(出典)と答え、56 % のスマートフォン ユーザーはモバイル広告からモバイル検索に至ったことがわかっています(出典)。73 % のモバイル検索が、次の行動やコンバージョンのきっかけとなったこともわかっています(出典)。

キャンペーンの成果を重視する場合も、ブランドの確立を重視する場合も、モバイル広告はユーザーにアピールできる強力な方法と言えます。

ブランド マーケティングでの検索の使用

製品やサービスを検索するとき、消費者は自分にとって必要なタイミングで適切なソリューションを届けてくれることをブランドに期待しています。

スモール ビジネスかグローバル ブランドかにかかわらず、消費者を満足させる関連情報やシームレスな購買エクスペリエンスを包括的かつ持続的に提供する必要があります。これには、自分のブランドやショップが消費者にはどう見えているかを考えることが重要です。

消費者の行動計画を解明したり、自分の直感を確認したり、さらに掘り下げて調べるには、Google トレンドなどの無料ツールを使用することができます。消費者がその瞬間に求めるものに注目すれば、自分のサイトが検索された際に、満足のいく購入エクスペリエンスを提供することができます。さらには、ブランドへの関心やファン層を確立していくことができるようになります。

次は、検索を活用して広告主の目標を達成する方法を説明します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。